アウラニ(タイムシェア)

DVCのバケーションポイントを使ってディズニーホテルを予約するのは割高だって知ってました?

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

2017年子連れハワイ旅行記も、終わりが近づいてきました。
我が家のディズニーバケーションクラブ(DVC)のホームであるアウラニでの滞在も終了し
あとは帰るのみとなっております。

実は、2017年のハワイ旅行の当初の予定では、ホテル予約を
ヒルトングランドワイキキアン3泊+アウラニ6泊=9泊
の予定で各ホテルを手配していました。

そのあと、ヒルトングランドアイランダーの体験宿泊4泊の予約ができたため
ヒルトングランドアイランダー4泊+アウラニ5泊=9泊
という風に、アウラニの予約を6泊から5泊に変更したんです。
既に飛行機の手配は住んでいたので、日数を伸ばすことは不可能でした。

そのため、2017年のバケーションポイントが50ポイントほど残ってしまうので
ポイント消費のために、東京ディズニーシーのホテルミラコスタに宿泊予約を行いました。

今日は、DVCのバケーションポイントを使用して、東京ディズニーリゾート内の
ディズニーホテルを予約した場合の、メリット・デメリットについてまとめたいと思います。

 



 

DVCポイントでディズニーホテルを予約するメリット

ホテル予約が6カ月前の9時から行える

以前は公式オンラインも総合電話受付も、ディズニーホテルの予約は6カ月前から可能でしたが
2017年11月現在、ディズニーホテルの予約開始時期は
下記のように開始時期に優先順位が付けられているようです。

公式サイトより。
バケーションパッケージとは、東京ディズニーリゾート公式のツアーパッケージのことで
名前は似ているけど、DVCとは関係ないパッケージです。

バケーションパッケージは、ホテルとチケットに加え
ファストパスやショー鑑賞券・限定グッズなどがセットになっているため
付加価値が大きいので、結構割高な価格設定になっています。
単価の高いバケパに予約優先権を与えて、そのほかの予約方法と差を設けたいんでしょうね。

しかし、DVCのポイントを使った予約の場合
宿泊する予定の日の6カ月前から、予約することが現在可能となっています。
しかも、DVCポイント使用時には、日本語メンバーサービスに電話する必要がありますが
メンバーサービスが開始する朝9:00に予約することが可能なのです。

バケーションパッケージが、6カ月前の11時予約開始で
DVCポイント利用の予約が、6カ月前の9時予約開始ということは
実は、DVCポイントを利用した予約が一番早いディズニーホテルの予約方法になります。

 

 

連泊なら6カ月前からでも予約できる(?)

これに関しては、公式に発表されていたり、明言されているわけではないので
信ぴょう性はちょっと怪しいのですが・・・

DVCポイントを使用して、ホテル・ミラコスタを予約する場合
下記の3つのカテゴリーのお部屋を予約することが可能です。

  • ヴェネチアサイド(ゴンドラが見えるお部屋)
  • キャピターノ・ミッキー・トスカーナサイド(エントランス側のお部屋)
  • ピアッツァビュー・ポルトパラティーゾサイド(ハーバーが見えるお部屋)

やはり、一番人気はハーバーでのショーが見えるポルトパラティーゾサイドですが
その分必要なポイントも一番多くなります。

それでもやはりハーバーが見えるお部屋が良いので
ポルトパラティーゾサイドを狙って6カ月前の朝9時に電話を掛けたのですが・・・
6カ月前朝9時、電話もすぐつながったので1番くらいだったと思うのですが
既にキャピターノ・ミッキー・トスカーナサイドのお部屋しか残っていなかったんです。

一番にかけても、他のお部屋がすでに埋まってる!?

とびっくりして、オペレーターさんに聞いてみたところ
「おそらく、連泊で取られている方だと思います。」
との回答でした。
ということは、連泊で予約する場合は6カ月以前の日にちでも取れるということでしょうか?

連泊で取るとなると、かなりのポイント数が必要になるので
本当にすべてのポイント消費ができなくて、繰り越しも無理!って時にしか
そんな大盤振る舞いできるとは思えませんが・・・でも、連泊良いなぁ。

というわけで、連泊という裏技を使えば
もしかしたら6カ月以上前のお部屋も確保することが可能なのかもしれません。

 

 

ホテル予約が早いので人気のシェフミッキーが確保しやすい

ディズニーホテルに宿泊予約をすると、宿泊予約した時点から
各ディズニーホテル内のレストランの予約が可能となります。

ディズニーホテルに宿泊しないゲストは、1カ月前からしか予約できないので
これはかなり大きなアドバンテージです。

だって、いつも大人気で1カ月前の予約開始でも確保が困難である
アンバサダーホテル内のシェフミッキーをホテルを確保した時点で予約できるので
確実に希望時間で確保することが可能なんです。

また、シェフミッキー以外にも専用バルコニーからハーバーで行うショーを鑑賞できる
ホテルミラコスタのオチェーアノの予約もできるので
ショーが始まるまで料理を食べながら優雅に待つことも可能です。
子連れだと、ショーを待つ時間が苦行でしかないので、食事しながら待てるのは嬉しいですよね!

ただ、DVC経由での予約の場合は、レストラン予約には
直接ホテルへ電話してレストランに繋いでもらって予約することになります。
以前は、DVC専用のレストラン予約ダイヤルがあったのですが、無くなっちゃったんですよね。
なので、今回我が家もシェフミッキーを予約する際には
ミラコスタに電話した後で、シェフミッキーに繋いでもらい予約を行いました。
そこがちょっと面倒ですが、確実に予約できるので問題なしです!

 

 

消費できないポイントを日本で消費することができる

ディズニーバケーションクラブ(DVC)専用ヴィラは、基本的にはすべてアメリカにあり
ハワイやオーランドのWDWなど、日本から遠い場所にあるので
必ず、飛行機などの交通費がかかってしまいます。

旅行を兼ねているので、それも楽しみの一つではあるのですが
年によっては、渡航することが困難な年も出てきてしまいますよね。
妊娠中の年であったり、子供たちの受験の年であったり。

バケーションポイントは毎年付与されて、一応前借りや繰り越しも可能ですが
それでも消費ができない場合に、日本で消費出来るホテルがあるのは非常にありがたいです。
しかも、それが大好きなディズニーホテルであるならば、なおさらありがたい。

また新しくできた、バリュータイプのセレブレーションホテルの宿泊にも
DVCポイント・33ポイントから予約することが可能となったので
さらに中途半端に余ったポイントの消費がしやすくなりました。

ヒルトンやマリオットのタイムシェアでも同様にホテルでの消費は可能なので
やはり使いきれなかったポイントの救済方法があるというのは有難いことだと思いますね。



 

DVCポイントでディズニーホテルを予約するデメリット

必要ポイント数が多く非常に割高感がある

そうは言っても、やはりDVCポイントはDVCヴィラを予約することに使用したほうが
一番効率よくお得に滞在することができます。
使用できると言っても、日本のディズニーホテルで消費すると非常に割高感が出てきますね。

今回、我が家が予約したミラコスタのキャピターノ・ミッキー・トスカーナサイドのお部屋。
一泊に必要なポイント数は59ポイントでした。

2012年の1ドル80円の超円高時期にDVC購入した我が家の
初期費+年会費を考慮した1ポイント当たりの価値は1000円です。
なので、今回の宿泊には
59ポイント×1000円=59,000円
で宿泊している計算になります。

公式で予約できる価格とほぼ変わらない価格になるので
それほど損ではないように思えるのですが、
もし、59ポイントでアウラニの同様のホテルルームを予約しようとすると
少なくとも3泊は出来るので、かなりお得感が増しますよね。
やはり東京で消費するよりアウラニで消費する方がたくさん泊まれるんです。

さらに割高感を感じさせるのが、新たに加わった手数料の存在があります。

 

さらに予約手数料もかかる

2017年1月から、DVCポイントを使用してディズニーホテルを予約する場合は
1度の予約につき95ドルの手数料がかかるようになりました。

正確に言えば、元々ディズニーコレクションであるTDRのホテルの予約には
手数料が必要だったのが、2017年1月までは免除されていたということで
免除期間が終わったという方が正しいのかもしれません。

でも、ポイント計算でもほぼ公式で予約するのと同等だったのが
手数料が1万円以上追加で必要になったため、DVCポイントの使用の場合は
かなり割高になってしまうんです。

なので、本当に本当に消費できなかったポイントを
最後の救済処置としてTDRのホテルへの消費にした方が賢明ですね。
DVC発売当初は、ディズニーホテルの予約のためにDVC購入した人もいたようですが
それだと逆に損をしていることになるので、絶対にやめたほうが良いですよ。

 

 

DVC用に解放されている部屋数が少ない

先のメリットの話の時に、
6カ月前なのに1つのカテゴリーのお部屋しか空きがなかったと書きました。
そう、6カ月前の朝一でかけても、空きがないんです。

DVC用に解放されているお部屋は、非常に少ないため
6カ月前に電話して予約しないと、空きがないので予約できないんです。
なので、突然ポイントが余ったから、すぐにディズニーホテルの予約をとろう!と思っても
6カ月前に予約しないと取れないので、消費できなくなっちゃうんです。

なので、DVCを利用する場合はやはり1年前からしっかり計画を練って
半年前に予約できるように、いろいろと考えなければいけないんです。
そうしないと、余ったポイントをそのまま捨てることになってしまい勿体ないですよ。

 

 

扱いが公式予約ではなくツアー会社経由予約と同じ扱いになる

ディズニーホテルって、公式オンラインや公式の総合受付センターで予約した場合と
ツアー会社や旅行代理店を通して予約した場合とで
同じホテルに宿泊しても、明確に取り扱いに差を設けてあるってご存知ですか?

本当に微妙な差なのですが、結構痛い差が設置されていたりします。
今回は、その微妙な差にまんまとハマってしまいました・・・

ディズニーホテルの宿泊予定者は、
パーク内のレストラン予約も優先時間が設けてあり
通常の一般客が1カ月前の10時からオンライン予約開始に対し、
ディズニーホテル宿泊者は1カ月前の9時から予約開始なんです。
この1時間の差が非常に大きい!

というわけで、我が家も1カ月前の9時から総合予約センターに電話して
パーク内のレストランを予約しようとしました。

予約したかったのは、
ディズニーシー内のキャラクターダイニングである、ホライズン・ベイ・レストランと
同じくディズニーシー内のリストランテ・ディ・カナレットの
2つのレストラン。

9時ちょうどに電話するとすぐにつながりました。
オペレーターさんに、上の2つのレストランを予約したい旨を伝えたところ
ディズニーホテルの予約方法を尋ねられました。当然DVC経由だと言うと
「DVC経由の方は、シーのキャラクターダイニングの予約はこの電話ではできません。」
「一般の方と同じく、10時よりオンラインサイトでの予約になります。」
「リストランテ・ディ・カナレットの予約は、承れます。」
と言われたんです!

え!?DVC経由だと、キャラダイの予約は一般と一緒になるの!?

びっくりしました。どうやら旅行代理店経由でも同じようなんです。
この微妙な差の付け方・・・あーーーー!!なんか嫌だ!!

DVC、本家ディズニーのシステムを利用しているのに、
旅行代理店経由と同じ扱いなんですね・・・かなりショックです。
おそらく、ランド内のショーレストランでも同様な差が生じていると思います。

えぇ、10時からのオンライン予約では見事に予約することは出来ませんでした。
オンライン予約なんて、一瞬で満席になりますからね。ほぼ不可能ですよ。

ねぇ、オリエンタルランドさん。
一応ディズニーバケーションクラブって、正式なディズニーのシステムなのですし
元々枠自体も少ないんですから、せめて公式予約と同じ扱いにしてもらえないでしょうか?
なんだか、ちょっぴり切ないですよー。

 



 

さいごに

という感じで、DVCポイントを使ってディズニーホテルを予約することは
手数料分だけ割高になったり、公式予約とは微妙に差を設けられていたりで
手放しでお得だ!と言える方法ではありません。

でも、そうは言っても日本国内で余ったポイントを消費できるのは非常にありがたいです。

それに、ディズニーホテルの宿泊って非常に高額で
普通に1泊5~6万してしまうので、めったに宿泊することなんてできないですよね。
というか、むしろ余ったポイントを消費する目的でない限り
ミラコスタなんて、なかなか宿泊する機会ないと思います。

なので、割高感は否めませんが、それでも大好きなミラコスタに宿泊できるし
ディズニーホテル宿泊のメリットを最大限に生かして満喫したいです。

シー内のキャラクターダイニングの予約や、ランド内のショーレストランの予約には
残念ながらディズニーホテル宿泊のアドバンテージは受けられませんが
その他の、ホテルやパーク内のレストランの優先予約や
アーリーエントリーなどの特典は利用可能です。

せっかく大切なポイントを使って宿泊するのですが
目いっぱい楽しんできたいと思います!!

 

次の記事はこれ!

実際に宿泊したミラコスタのお部屋を紹介しています。
ポイントで泊まれるので嬉しいですね。

あわせて読みたい
ミラコスタのカピターノ・ミッキー・スーペリアルームはキャラクターがいっぱい! こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 前回の続きです。 雨も上がって、身軽にディズニーシーを満喫...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です