X70で撮る。クリスマスのディズニーシーその1

こんにちは!はぴこです。

今日からしばらく、先日行ったディズニーシーで撮った写真を
思い出を振り返りながら、たくさん載せようと思います。
1日目の午前中は雨が降っていたため、
傘を差しつつ移動していたので、あまり写真を撮れませんでしたが
午後からは雨が上がったので、首からX70を下げて写真を撮りつつ満喫しました。

やはりFUJIFILMのX70のコンパクトで軽量なサイズは
首から下げてお散歩するには持って来いですね!

小さくて軽いは正義!!



 

FUJIFILM X70で撮る~クリスマスなディズニーシー~

ミラコスタに着いたのは朝の4時過ぎ

京都から車で、夜間子供が寝ている間に移動してきたので
ミラコスタの駐車場に着いたのは4時過ぎでした。
ミラコスタ宿泊者は、チェックイン日の0時からチェックアウト日の24時まで
2000円で駐車できるため、シーの駐車場ではなくミラコスタの駐車場に車を停めます。

ミラコスタのホテルのオープンは、朝6時なのですがトイレを借りるためにロビーに入りました。

いつも人がたくさんいるミラコスタのロビーも、さすがにこの時間は人はいません。
とは言っても、ベルデスク等にはキャストの方もおり、
朝早く(夜遅く?)から本当にお疲れ様ですって気持ちになります。

この日は朝から生憎の雨。
ミラコスタの駐車場のちょっと残念なところは、
駐車場からぬれずにロビーに来ることができないことでしょうか。
一部屋根のないところを通らなきゃいけないのが、ちょっと残念です。

 

ハッピー15エントリーで移動する傘の群れ

車で朝食のパンを食べたり、子供たちを起こして着替えさせたりしているうちに
パークのオープン時間になりました。
ミラコスタ宿泊者はチェックインの日でも、パークに15分早く入場できる
ハッピー15エントリー対象になるので、専用エントランスから入るのも可能です。

だけど、雨が降っていて傘を差しつつ子連れで並ぶのがちょっと厳しそうだったので
ハッピー15は利用せずに、パークオープン時間に開く
ミラコスタ宿泊者専用エントランスから入ることに。
ここなら、8時のオープンまで暖かいミラコスタのロビーで待つことができます。

ミラコスタ専用エントランスに向かう階段越しに、
ハッピー15で入園した人たちの傘の群れを眺めます。
雨なのに、ショーのために既に場所取りしている人もいますね。さすがです。

8時になり、無事エントランスから入園できました。
とりあえず、傘が1本しかなかったため、
はぴおさんが傘を差しつつトイストーリーマニアのFPゲットに向かい
はぴこと子供達は、プルートのグリしつつ、もう1本傘を買いました。

そのあとは、はぴこはホライズンベイの当日枠確保のために店頭へ並びに。

ホライズンベイにシェフミッキー!人気のキャラクターダイニングの当日予約枠を確実に取る方法!

2017.11.28
はぴおさんと兄くんは、新しいニモのアトラクションのシーライダーに乗りに行きました。

無事ホライズンベイの当日枠確保できたので、
今度はFP取っておいたトイストーリーマニアに向かいます。

最近、トイストーリーにハマって、繰り返し見ていたので喜ぶかと思いきや
トイストーリーマニア自体には、そこまで興奮せず。
外にある触れるおもちゃブースの方が楽しそうにしていたかも。
一応チャイルドスイッチを使って、兄くんははぴおさんとはぴこと1回ずつ計2回乗れました。

この頃から、雨が小降りになってきました。
なぜか兄くん自ら、屋根のないこのフォトスペースで写真を撮りたがる。
その割に、しっかりポーズも決めてくれず、なんだか残念な写真です。
魔の3歳児・・・いろいろややこしいお年頃ですよね・・・

トイマニ後は、ちょうどいい時間になったので
ランチのために予約していたリストランテ・ディ・カナレットに移動しました。

ディズニーシーのリストランテ・ディ・カナレットで美味しいイタリアンランチ!

2017.11.30

 

午後からは雨も上がって青空が見えるように

食事が終わって外に出ると、天気予報がばっちり当たって雨が上がっていました。
場所によっては青空が見えるくらいに。

雨が上がって傘を差さなくてよくなったので、一旦車に傘を置きに行って身軽に。
弟くん用のベビーカーも出して、はぴこはさらに身軽になりました。

まずは、レールウェイに乗ってポートディスカバリーに移動します。
歩いてももちろん気持ちいいのですが、子供達も乗り物好きなのでレールウェイで。

弟くんも興味津々で窓の外を眺めています。
ベビーカーに載せたまま乗車できるので、楽ちんです。

電車から、クリスマスのショーから戻ってくるダンサーさん達も観れました。
もう少し後だと、チップやデールも来ていたのですが、
電車が発車してしまったので、残念ながら見れず。
でもダンサーさん達、ちゃんと電車に向かっても手を振ってくれるので嬉しいですね。

そんなこんなでポートディスカバリーに到着。
プロメテウス火山側も、綺麗な青空が見えるようになりました。

どうやらはぴこ家、アメリカンウォーターフロントからポートディスカバリー側が好きなようで
2日間とも、この近辺をうろうろして過ごしていたようです(笑)
写真がこの近辺しかないのでご了承ください。

ポートディスカバリーでアクアトピアに乗ったり、うろうろ散策したり。
小さい子連れなので、待ち時間が長い人気のアトラクションに乗るのは難しいですが
アクアトピアは、それほど待ち時間も長くなく、子供も楽しめるアトラクションなので
結構乗りましたね。弟くんもめっちゃはしゃいでいました。
もう少し二人とも大きくなったら、アトラクションがメインになるんだろうなと思います。

 

ミラコスタへチェックインに戻ります

そうこうしている間に、ミラコスタにチェックインできる時間になったので
少し疲れてきたこともあり、一旦ホテルに戻ることに。

帰りはてくてく歩いて、ミラコスタまで向かいます。

アメリカンウォーターフロントには、巨大ツリーがあるので
タワーオブテラーと並べて写真をぱしゃり。
タワーオブテラーはどこからとっても絵になるので、結構好きです。
子供が載れるようになるのはいつになるやら。兄くんビビりだからな。

ミラコスタに戻ってきました。
やはり、ミラコスタの醍醐味はこのパークに直結している点ですよね。
パーク自体の景観になっているし、そして宿泊することもできる。
パークとの一体感はさすがだと思います。

今回は残念ながら、トスカーナサイドなのでパーク側ではないですが
それでも、すぐにお部屋に戻れる安心感は半端ないと思います。

シー好きなので、やっぱりミラコスタは良いなぁとつくづく感じました。

 



 

さいごに

こんな感じで、しばらく写真多めで旅の思い出をだらだらと綴ります。
写真の腕も無いので、へたくそな写真ばかりで、残念ですが
FUJIFILMのX70で撮る写真はやっぱり綺麗だと思いますね。

気軽にパッと構えてさっと撮れる点はかなりありがたいです。

天気が悪かったので、前半はカバンに入れていることが多かったのですが
子連れ抱っこ紐をしていても、重く感じず非常に助かりました。
やはり子供の抱っこがメインの時期は、小型軽量なカメラが大助かりですね。

次回は、今回泊まったミラコスタのお部屋の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です