ホテルレポ

新規オープンのJWマリオット奈良の開業日に宿泊してきました!ホテルのコンセプトなどいろいろ紹介!

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

2020年4月から遅れること3カ月・・・

4連休直前の2020年7月22日に奈良初!の外資系ホテルであるJWマリオット奈良がオープンしました!

日本で初のJWブランドとなるJWマリオット奈良。

コロナの影響で開業日が伸びに伸びてしまいましたが、無事に開業日を迎えることが出来ました。

一応、建築途中からオープンは今か今かと待ちわびていた一人なので、せっかくの4連休にかかる日程でのオープンということで、開業日に宿泊してきちゃいました!

せっかくなので、オープニングセレモニーの様子からちゃっかりレポートしちゃいます。

はぴこ
はぴこ
初めて開業日に宿泊しましたが・・・スタッフの方がたくさん説明してくださったので、コンセプトなどをまず初めに紹介したいと思います!
日本初のJWブランドJWマリオットホテル奈良は2020年春オープン!平城宮跡にアクセス良好!こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 私が住む関西圏には、マリオット系列ブランドのホテルが多数あります。 ...

日本初!JWマリオット奈良が7月22日にオープン!

オープニングセレモニーで中田英寿選手がファーストゲストに

開業日当日11時30分頃にオープニングセレモニーが開催されると教えていただいたので、せっかくの機会ですのでちょっと見に行くことにしました。

ホテルのエントランス部分にはたくさんの報道陣の方たちが詰めかけて、普段の奈良とは違う雰囲気となっていました。

これがホテルの開業日なのですね。

セレモニー自体には少し遅れて到着したのですが、テープカットの時間には無事到着。

あのよく見るテープカットの瞬間を、この場で見ることが出来ました!

左から2番目の方が、立ち位置的にJWマリオット奈良のロゴの分断する位置になっちゃってて、非常に困った様子でした。

はぴこ
はぴこ
さすがにロゴをカットするのは忍びなかったのか、上だけちょっとカットして終了されてました

また、記念すべきファーストゲストとして、サプライズでサッカーの中田英寿選手が登場。

JWマリオット奈良の1番目のゲストとしてお迎えされていました。

ヒデさん、インタビューで

「奈良でのホテル選びはこれまで困っていたので、これからはより使いやすく・・・」

とおっしゃっていたのが結構印象的(笑)

中田選手がロビー内に入って、その後報道陣が中に入ったのと同時に、一般のゲストも中に入ってホテルの様子を見学。

私は早めにチェックインをしてもらいつつ、お部屋の用意が出来るまでホテル館内の設備やホテルのコンセプトなどをいろいろと教えてもらうことが出来ました。

お部屋の様子は次回のブログで詳しく紹介したいと思います!

JWマリオット奈良子連れ宿泊記!デラックスルームの様子とキッズアメニティを紹介します こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 7月22日にオープンしたばかりのJWマリオット奈良。 ...

 

奈良の鹿や自然をテーマとした開放的なロビーが素敵

エントランスから中に入って印象的だったのが、ワンフロア仕切りなく開放的にひろがるロビーエントランスです。

入って右側がフロントエリア、左側がFlying Stagというラウンジバーになります。

Flying Stagのバー部分には非常に特徴的な雄の鹿の水墨画が。

この凛々しい鹿の絵が、JWマリオット奈良を象徴するようなアイコンになっていますよね。

またバーの横には朝食会場ともなる多国籍料理のSilk Road Diningが。

残念ながら現在、JWマリオット奈良ではマリオットBonvoyのプラチナ以上で得られるギフトの朝食チョイスが無いため、レストランでの朝食はできません。

プラチナ以上だと、クラブラウンジが利用できるので、朝食はそちらでいただくことになります。

バーサイドからロビーエントランスの様子を見るとこんな感じ。

アフタヌーンティーはこちらのラウンジ部分でいただくことが出来るようです。

本当はせっかくなのでアフタヌーンティをいただきたかったのですが、兄くんのお迎え時間にちょうどかぶる時間しか空いていなかったので行けず。

ぜひ、アフタヌーンティーも食べていたいと思っています!

入り口付近には少し高めのテーブル&チェアのエリアがあったり・・・

夏でも炎が灯る、暖炉スペースがあったりと非常に落ち着いた空間となっていました。

さすがJWマリオットブランドですね!洗練された空間が広がっていました。

テーマは鹿!と思いきや、裏テーマは奈良の山々です

続いてフロント部分を紹介します。

フロントエリアはコロナ対策として、アクリルの衝立が設置されていました。

ゆったりと座りつつチェックインを行うことが出来ます。

フロントの奥には、反対側の凛々しい牡鹿の絵とは対照的な、雲海広がる山々の水墨画が描かれています。

この絵を見た時、私はこれは吉野の雲海かな?と思いました。

というのも、以前仕事でよく奈良の南の方に早朝車で行くことが多かったのですが、京奈和自動車道を走ると、よく山々にたなびく雲海が見えて綺麗だと思っていたからです。

でも伺ってみると、吉野・・・というわけではないのですが、実はJWマリオットホテルの裏コンセプトは奈良の山々

実はこちらを描いたのは女性デザイナーの方で、本来、全面鹿推しで行く予定だったそうです。

だけど、実際に奈良を訪れ吉野や様々な奈良の自然を見つめているうちに、鹿だけでなく奈良の山々の様子もコンセプトに組み込むことに決めたそう。

それもあり、ホテルのバンケットにはそれぞれ

「葛城・畝傍・若草・三輪」

という奈良を取り囲む山々の名前が付けられているそうです。

また、山の大きさはそのままバンケットの広さを表現しているそうで、大阪と奈良を隔てる葛城山が一番大きな部屋、小さな三輪山は一番小さな部屋の名前になっているそうです。

バンケットの名前だけ見て、あ、奈良の山の名前だな!って思った方は奈良通ですね!

鹿だけじゃなくJWマリオットブランドのシンボルであるグリフィン君もちゃんといますよ!

お山の名前が付いたバンケットホールへは、エレベーターだけでなく、こちらの階段からも向かうことが出来ます。

結婚式場が少ない奈良なので、これから奈良で結婚式を挙げよう!と思っている人にも素晴らしい式場になるのではないかなと思います。

春日大社などの神社で神前式を行って披露宴をこちらでスタイリッシュに・・・

なんていうのも、古都らしくて素敵ですよね。

ウェディングの撮影にもってこいなフォトジェニックな場所や階段もあるので、とても写真が映えそう!!

奈良公園でのロケーションフォトもプラスして人気スポットになりそうな予感です!

 

自然を大切にするJWマリオット…必ずアレがついています

チェックインを終えて、お部屋の準備が出来るのを待っている間、ロビーを散策していたのですが、エントランス脇に飾られているこちらのオブジェが目に留まりました。

不思議なオブジェだなと見つめていると、スタッフさんが説明に来てくださいました。

こちら生きている木に特殊な加工をすることで、枯らすことなく飾っているということです。

というのも、自然を大切にするJWマリオットのブランドポリシーとして

『植物は根がある状態で飾ること』

と取り決められてているそうです。

ロビーに飾られている立派な胡蝶蘭や松の木も、もちろん切り花などではなく、しっかり根が這った状態の鉢植えとして飾られています。

ロビーやお部屋にも、苔が飾られていましたが、それもきちんと根がある苔だから飾られているそうです。

なので、お部屋の苔も生きているので、宿泊される際は大事にしましょうね。

また、2階のバンケットホールから出られる空中回廊?スペースには、写真のようなハーブを育てるプランターが置いてあります。

実は、このプランターにあるハーブ。

ゲストがここから自由にハーブをピックアップして、そのピックアップしたハーブを1階のバーやレストランに持っていけば、オリジナルのドリンクを作ってもらえるそう。

自分が採取したハーブを使ってオリジナルモヒートを作ってもらえるなんて楽しいですね!

ただ、こちらのスペース、隣のコンベンションセンターとの間の通路みたいな場所なので、非常に日当たりは良好ですが、夏場は暑くて結構しんどそうでした(笑)

もう少し涼しくなってきたら、ここでゆらゆら夕涼みするのも楽しそうです。

 

だけどやっぱりあちこちにいる鹿…

という感じで、裏テーマは奈良の山々と言いつつも、やっぱり目に入るのは鹿さんたち。

Flying Stagの雄々しい鹿他にも、いろいろな場所に鹿のオブジェが飾られています。

金ピカピカの黄金の鹿がいたり・・・

こちらはスタッフさんがソーシャルディスタンス確保のために作成した手作りの鹿。

とってもかわいい。

こんなかわいいドームに入った鹿もいたり・・・

ちらっと鏡の中からこんにちわする鹿さんもいたり。

ということで、ホテル内の鹿を探して散策するのも楽しいと思いますよ!

ちなみに上の鏡の鹿さんは、3基あるエレベータの1基にしかいない鹿さん。

このエレベーターに当たったらラッキーだね!と子供たちと言いながら楽しみました。

はぴこ
はぴこ
神の使いである奈良の鹿。神のご加護がありますように!
格安ホテルしか選べなかった私が、高級ホテルにお得に泊まっている理由とは!? こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 2019年は旅行をたくさんしよう!!と思い、今年はいろいろな...

外資系ホテルだけど奈良との融合を目指す素敵なホテル

奈良初の外資系ホテルブランドということで、ギラギラとした雰囲気のホテルが出来るのかなとドキドキしていたのですが、非常に落ち着いた雰囲気のホテルが誕生しました。

スタッフの方からの話で、ホテルデザイナーも奈良の自然を感じとり大切に考えたうえでデザインされていることを知り、やはりホテルデザインとは奥が深いなと思いました。

開業日ということで、ホテルのオペレーション的な部分では不慣れなこと、スタッフ間の連携が取れていないところなどもあったと思います。

だけど、どのスタッフの方もホテルのことを一生懸命丁寧に説明してくださいましたし、ホテルブランドを理解して接客してくださっていることを感じることが出来ました。

特に初めに声をかけてくださった客室スタッフさんが、非常に熱心に説明をしてくださり、子供のアメニティやレストラン利用のことなども連絡してくれ親切にしていただけました。

おそらく、オペレーション的な面はこれからどんどん改善していくと思います。

スタッフの方が嬉しそうにホテルの説明をしてくださる姿を見て、きっとこれからもっとよりよいホテルになっていくんだろうなと思います。

はぴこ
はぴこ
これからどんな奈良らしいホテルになるのか、とっても楽しみです!

 

実際に滞在したお部屋の様子は次回。ラウンジやホテル内の様子についても紹介します。

JWマリオット奈良子連れ宿泊記!デラックスルームの様子とキッズアメニティを紹介します こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 7月22日にオープンしたばかりのJWマリオット奈良。 ...

POSTED COMMENT

  1. camemama より:

    いつも楽しく拝読しております!マリオットブランドは、日本に上陸するという時に仕事で携わらせてもらったので印象深いホテルです。奈良マリオットはどうなることやらと待ってましたら、開業したんですね。その日に宿泊なんて羨ましい…そしてハーブの試みは子供たちも楽しめそう!レポ参考になりました。ありがとうございました。

    • はぴこ より:

      >camemamaさん

      コメントありがとうございます!
      日本上陸の際にお仕事でマリオットに関わられたんですね!すごい。
      ようやく奈良もオープンしました^^
      立地的に心配な場所ではありますが、盛り上がってくれるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください