ママカメラ

私とフィルム。 #カメクラの沼カレ2019

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

今日は普段と趣を変えて・・・普段デジタル一辺倒の私ですがフィルムについてお話します。

というのも、今日の記事はカメクラ界の重鎮ブロガーしむさん主催のカメクラによる沼イベント「3rd Roll】カメクラが沼へ誘う Advent Calendar 2019」の参加記事だからです。

12月1日から毎日日替わりでカメクラさん達が思い思いにカメクラ沼記事をアップして25日のクリスマスまでつなげる素敵イベント。

前日である12月10日は下記の3つの記事がアップされています。

ちなみに私は3rd Rollのタケウチさんからバトン受け取りました!

タケウチさんのX70で撮った至極の写真たちは必見ですよ!

ひっそりとこっそりとフィルム写真を撮っていた

8か月間熟成させたフィルムがこちら

実は普段はデジタル一辺倒の私ですが、昨今のフィルム人気にあやかって2019年の1月よりフィルム写真を少しだけ撮っていました。

と言っても、1月か2月にカメラにフィルムを装填して、撮り切ったのが4月の頭。

それからずっと現像に出さずにそのまま寝かしておりました。

はい。熟成ですね。フィルムの熟成。フィルムには熟成が必要です。

フィルムは寝かせれば寝かせるほど熟成されて、一種のタイムカプセル化すると言われています。

ちょうど半年から1年後くらいの、しっかりタイムカプセル化した頃がちょうどよい塩梅です。

決して、現像に出すのが面倒だったとか、忘れていたとか、面倒だったとか、興味なかったとか、面倒だったとか、そんなことではありません。断じてありません。

現像代は、黄色い看板のカメラの何某で現像+CDで1200円ほどかかりました。

高っと思ったけど、あえてはそこでは口に出しませんでした。えぇ決して出しませんでした。

 

ちなみにカメラはTrip 35。かわいい子。

フィルムだけでは写真は撮れませんから、もちろんフィルムが入れられるフィルム用カメラが必要です。

今回の撮影には、OLYMPUSのTrip 35を使用しました。

私が持っている唯一のフィルムカメラです。

こちら、チバログというブログを運営しているしばさんより受け継ぎし貴重なカメラです。

もともとフィルムやるならTrip 35がいいなと思っていました。

出来れば黒じゃなく、赤とかかわいい色のやつがいいなと、そう思っていたんです。

するとどうでしょう。

明らかに私好みのTrip 35をしばさんが持っているではありませんか!

ちょうど彼がナチュラクラシカを手に入れてウキウキ浮かれているところに擦り寄り、まんまと好みのTrip 35を手に入れたのでした。

そんなこととはつゆ知らず、良心の塊しばさん、カメラと一緒にフィルムを1本同封してくれたんですよ。

そう。それが今回熟成がうまく行ったフィルムそのもの。

というわけで、しばさんから受け継いだTrip 35にしばさんから貰ったフィルムを装填して撮影した写真を現像したので、つらつらと載せていきたいと思います。

Trip 35で撮影した初めてのフィルム写真

初めてのとか言ってるけどもちろん初めてではない

フィルム写真の初めって、大体こんな感じで半分感光しますよね?

決して私の装填がダメだったとかそういうわけではないですよね?

2枚目はちゃんと全部写ってました。

乱雑な我が家。子供たちがおもちゃいろいろ並べて遊んでいる姿が映っていました。

おにぎりせんべいが散乱していますね。

室内でも400のフィルムで結構写るんですね。

そうそう、初めてのフィルム写真と言っていますが、そんなことはもちろんなくて。

中高生の時代は写ルンですとか、APSというフィルムカートリッジのカメラを使って写真を撮ったりしていました。

当時も現像出すの面倒で忘れていたなぁ・・・いや、熟成していたなぁ。

なので初めてってわけではないのですが、かなり久しぶりのフィルム写真です。

こんなに淡い感じの色合いだったんですね。

Trip 35は機械式のカメラで、自分で露出やピントを合わせるわけではなく、ほぼセミオートで写真が撮れるタイプのカメラです。

適当に撮ってる割に良い感じに撮れてるなーと思いました。

 

室内で撮ってても仕方ないので外に出てみた

室内ばかりで撮っていても仕方ないなと思い、春まで待って外に持ち出してみることにしました。

ちょうど、桜の季節。以前書いたこちらの記事の時に一緒に持って行ったのでした。

桜をバックに子供ポートレート。望遠ズームと中望遠単焦点レンズ、どちらが向いているか撮り比べ! こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 春になったと思った矢先の寒波の影響で、なかなか咲かない関西の...

桜が綺麗な春の晴天の日です。

晴天の中なので十分に光があるため、室内のようなもやっとした感じはありません。

とはいえ、フィルム特有のざらついた感じは、明るい場所でも無くならないんですね。

光学ファインダーを適当に覗いて撮ってる割に、ちゃんと意図した範囲に入ってるのがなかなか面白いなと思います。

もちろん桜も。

青い空に桜がとってもきれいですね。

先日紅葉の写真を記事にしていたのに・・・まさにタイムスリップ化の極み!

縦構図だって撮れちゃいます。ちょっと画像加工してますが、意外と綺麗に撮れてる。

もうね、この日はさっさと撮り切りたくって、ひたすら子供たちを撮っています。

兄くん、足が変な方向いてるよ。これはフィルムのせいではない。

今回載せてはいないけど、なぜか天下一品のお店の写真を車から撮ってたりしてました。

なぜあの時の私は天一をわざわざフィルムで撮ったのか・・・

天一を食べたわけでもなかったのに・・・

あの日の私、何考えてたの?

と当時の自分の心境がさっぱりわからない状況に陥るのも、まさにタイムスリップ化がうまくできている証拠ですね。

フィルムで撮っているからこそ、その場で確認することもないですし、削除もできません。

だからこんな風に頭着れちゃってても、そのまま残っています。

これはこれで、なんかかわいいし春っぽくて良きです。

ま、同じような場所で同じような写真を撮ってます。

さっさと撮り終えたい気持ちがヒシヒシと伝わってきますね。

場所によっては、こんな風に顔が暗く写ってしまっているものもありました。

予想がつかないのもフィルム写真ならではですかね。難しい。

桜と自転車と三輪車。

最後に桜をもう一枚。

さっきのとまったく同じに見えるけど、違う写真です。うん。

とりあえず、無事全部写っていてよかったです!ありがとう!しばさん!!

created by Rinker
富士フイルム
¥870
(2020/09/18 13:36:00時点 Amazon調べ-詳細)

久しぶりのフィルム写真。ネックはやっぱり現像。

ということで、Trip 35で撮影した私の初めての写真でした。

フィルム写真は、撮影しているときと現像して写真を見返す時のタイムラグがあるのがまた面白いですね。

がしかし、やはり昔も今も、私にとって一番のネックは現像に出すこと。

昔から写真を撮るのは好きだけど、現像に出すのが面倒でいくつも撮影後のフィルムを溜めてしまって、現像に出せなくなっていました。

今回も、ちょうどこのアドベントカレンダーイベントがあったからこそ、ようやく重い腰を上げて現像に出せたわけですし。

なので、やはり私にとってはメインはデジタルかなーと思ったりもします。

でも、たまにはゆったりフィルムで撮るのも悪くない。

今開封してしまった写ルンですが1つ残っているので、2020年はそれを撮って現像するのを目標にしてみようかなと思っています。

はぴこ
はぴこ
写るんですって賞味期限?のようなものあるんですっけ・・・?

 

さて。アドベントカレンダー。

明日の3rd Rollの担当は同じくSONYユーザーのおしゃれなOMGさんです!

このレンズ最高ですよね。わかる。わかる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください