レンズ

XF23mmF2とXF35mmF2、どちらか選べなくて両方買ったらすっきり幸せになったよ

こんにちは!最近欲望のままに生きていると思われがちなはぴこです。

今日のブログタイトルから見てもわかるように
相変わらず物欲満載状態のように感じられると思いますが
今回もお得に手に入れており、そしてカメラやレンズ購入も
これで打ち止めになると思いますので、お付き合いいただけたらと思います。

どちらのレンズもカッコいい。ブラックもカッコいい。



 

富士フイルムのフジノンレンズXF23mmF2とXF35mmF2購入

フジのカメラにはやはり単焦点レンズが良く似合うはず

サブ機として実質無料で購入したFUJIFILMのX-E3には
レンズキットとしてXF18-55mmF2.8-4というズームレンズが付いていました。
こちらのズームレンズ、キットレンズとして付属している割に非常に優秀で
明るいレンズで描写も素晴らしいレンズです。

でも、富士フイルムは実は他にもたくさん魅力的なレンズがあり
特に単焦点レンズの評判がすこぶる良いんです。
せっかくフジのレンズ交換式のカメラを持っているのだから
評判の良い単焦点レンズを使用してみたいなという思いがありました。

また、X-E3を購入するときに、SONYにマウント変更をしたことで
使用しなくなった6DやCANONレンズを下取りに出したのですが
その時に、まだα7RⅢと同時に注文していたSEL24105Gレンズが届いていなかったので
CANONのEF24-105mmF4Lレンズは下取りに出さず、手元に残したままだったのです。

SEL24105Gが無事到着したので、EF24-105mmが不要になるため
またこれを下取りに出してフジの単焦点レンズを購入しようと考えていました。
なので、まぁ、フジの単焦点レンズを購入することはもともと折り込み済だったわけです。

バカスカ買っているように見えるのですが
実は、今回もEF24-105mmF4Lレンズに加え、CANON用のスピードライト2台や
その他に全く使っていないシグマのレンズや
壊れて使えなくなったマイクロフォーサーズ機についてたキットレンズなども
一緒に下取りしたので、結局無料でレンズ2個購入しています。

と、誰に向けているのかわからない言い訳をここでしてみました(笑)
言い訳はここまでにして、レンズの本題に入ります。

 

 

23mmと35mm、選べなかった画角

富士の単焦点のレンズラインナップは、実は非常に悩ましい構成をしてまして
同じ画角に対してF2とF1.4というF値の異なるレンズが用意されています。
コンパクトなボディのX-E3に付ける予定なので、
より軽量・コンパクトなレンズが合うだろうと、F2のレンズにすることはすぐに決まりました。
また、ボディがシルバーだったので、せっかくなのでシルバーを選ぼうかと。

問題は、画角でこれが一番の悩みの種でした。

欲しい単焦点は標準領域の35mm換算24~50mm付近。
F2の利点で背景をぼかした写真をと考えると
あまり広角側(20mm台)よりは、35~50mm付近が希望です。
候補としては、23mmと35mm(換算34.5mm、52.5mm)になりました。

元々、フルサイズのカメラで家の中で撮影する際は50mmのレンズを使っていたので
50mm前後の画角は室内撮りに特化して好きな画角ではあります。

でも、50mm付近は、外でお出かけするときなどにはちょっと長いんですよね。
テーブルフォトするにしても、椅子に座った状態のままでは少し厳しい感じだし
風景をスナップするにもちょっと狭い気がする。

X-E3はおそらく、軽量ボディを生かしてお出かけ先で使用することが多いと思うので
そうなると、スナップ用途で23mmの方が使うんじゃないかな?と。
X-E3の単焦点のレンズキットは、こちらの23mmF2がセットで付いてきます。
ということは、フジ側も23mmF2と一緒に使うのがおススメってことですよね。

換算50mmの画角も好きだし、かといって外で使うことを考えると換算35mm?
と一人ぐるぐるぐるぐる悩んでみましたが、結局結論を出せませんでした。
で、どうなったかと言うと、下取りが思いのほか良いお値段で出せそうだったので
どうせ片方買っても、もう片方が欲しくなるだろう!と思い両方買ってみました!!
後から買うなら、今買っても一緒ですしね!

いや~。フジのレンズって、なんかビジュアルカッコいいですよね。
写真を撮る道具ですが、被写体になっても絵になるというか。
シルバーのF2レンズ、とってもかっこいいです。

 

 

F2レンズは軽くてコンパクトでX-E3にぴったり!

今回シルバーのレンズを選びましたが、届くまではブラックの方が良かったかな?と
ちょっと心配していましたが、実際届いて装着してみたら
やっぱりシルバーのレンズが、シルバーのボディにピッタリマッチ!
軽くてコンパクトなので、小さなX-E3に本当に合ってカッコいい雰囲気になりました。

元々ついていた、XF18-55mmと比較するとこれくらいの差があります。
F2レンズは、先細りの形になっているのでよりコンパクトに感じます。

せっかくのシルバーのレンズなので、フィルターもシルバーを選びました。
でも、レンズキャップが黒いので、そこはちょっと残念な感じですね。

どちらも43mm。シルバーがあるのが嬉しい。

横から見ても、XF18-55mmよりはレンズでっかちな感じも抑えられて
非常にコンパクトに収まっています。
レンズ自体も軽いので、ボディと合わせてもすごく軽い。
レンズとボディ合わせて467gしかないですからね。めっちゃ軽いです。

これなら、子供と一緒にお出かけしても気軽にスナップできそうですね。

 

 

ちょこっとだけ作例

昨日届いて、家の中でしか撮影していませんが少しだけ撮った写真を。
まずは35mmから。

うん。そこらへんに落ちていた、だだんだんさんに被写体になってもらいました。
だだんだんはバイキンマンが作った、大きなロボットです。
F2開放で撮ったので、背景のボケ感も非常に綺麗ですね!
ピントの合っただだんだん自身も非常にくっきりきりっと写っています。

寝ている弟くんのおててにピントを合わせて。
やはり、換算50mmの画角は慣れているので好きです。
これくらいは寄れるので、結構使い勝手は良さそうな感じですね。いい感じ。
寝てる顔も可愛いです。

 

 

続いて、23mmの方。こちらも開放で。

うん、ほら。お出かけしてないから、とりあえず目の前にあるもの撮るよね。
乱雑なテーブルの上も、良い感じにボケて雰囲気出ています。
やはり、23mmの方がテーブルフォトには向いてそうな感じですね。
座ったままで、そこそこの範囲が撮れる感じです。

引き出し開けて中身を出すのがマイブームな弟くん。やめてー。

また、換算35mmという画角。
実は自分の中で、苦手意識が結構あって、もしかしたら使わないかも?と思っていたのですが
意外と、使いやすい画角なんじゃないかと思いました。

今家の中の引き出し、これがあちこちついてます・・・

子供とそれほど離れる必要も無く、ちょうどいい距離感で
目で見たままの範囲が撮れる感じがして、結構使いやすいかもしれません。
実は外でちょっとだけスナップしてみましたが、
子供も近くにいつつ、背景もそれなりに入れて撮れたので、非常にいい感じでした。

被写体にも思いのほか寄れる。
これだけ寄れば、23mmでもしっかり背景ボケて良い感じですね。
2度目の登場、だだんだんもなんとなく誇らしげです。

 



 

さいごに

富士フイルムのレンズ交換式カメラにとって
避けては通れない単焦点レンズ。
今回も、なんだかんだと下取りに出して実質無料で手に入れました!
結局、X-E3に関してはボディもレンズも無料で手に入ってますね。
やっぱり、富士の単焦点レンズは写りも素晴らしいの一言です!

サブ機として購入したX-E3でしたが
予想通りかなりの実力ホルダーなので、ほんとメインとして使える機材。
かなり使い勝手も良く、軽くてコンパクトなので
子連れでのお出かけでも、持ち出しに苦労がありません。

富士のミラーレスカメラを、フルサイズのサブ機に購入して
気づいたらいつの間にか富士がメインになってしまったという話はよく聞きますが
これだけコンパクトで、撮れる写真も素晴らしいので
なんとなく、納得できてしまう気がします。

そうは言っても、自分の中で一大決心をして購入したα7RⅢなので
こちらはこちらで、フルサイズの利点を生かして使っていきたいですね。

そうは言ってもX-E3もかなり優秀なカメラなので、
私の中ではα7RⅢとX-E3はダブルフラッグシップ機だと思って
いろいろと活用していく予定です!

 

次に読むならこれ!

X-E3とそっくりだけどまた別格な高級コンパクトカメラのX100Fも買っちゃいました。
X100Fと見た目も似てるけど、描写の違いなど比較しています。

あわせて読みたい
FUJIFILMのX-E3とX100F。どちらを選んだら幸せなのか比較してみました。 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 先日手に入れたX100Fという富士フイルムの高級コンデジ。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください