子連れでお出かけ!

琵琶湖を一望!最高に気持ち良い景色が広がるびわ湖テラスに行ってきました!

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

この夏の間中、実はずっと行きたくて行きたくてしょうがない場所がありました。

最高にフォトジェニックなその場所は、滋賀県の琵琶湖近くにそびえるお山の山頂にあるびわ湖テラス。

この週末、快晴!とまではいかないけれど、なんとかお天気も良さそうだったので、意を決して行くことができました!

雲は多めだったけれど、素敵な写真も撮れたので、写真と共に紹介したいと思います!

琵琶湖を一望!最高に気持ちがいいびわ湖テラス

冬の間はびわ湖バレイというスキー場として運営しています

関西圏に住んでいる方で、琵琶湖テラス??と思われる人でも、びわ湖バレイと言われるとああ!!とわかる方も多いのではないでしょうか?

実は、冬の間、関西近郊のスキー場として人気のあるびわ湖バレイのグリーンシーズンを活用して出来た素敵なカフェがびわ湖テラスになります。

山のふもとから、一気にロープウェイを使って山頂まで行けるので、老若男女問わず簡単に山の絶景を楽しめることが高ポイント。

ロープウェイはベビーカーを持って行くことも可能です。(個人的にはベビーカーを持って行って後悔しました・・・理由は後ほど)

山頂にはドッグランもあるため、ペットを連れてロープウェイに乗車も可能。その場合は、ペット用ゲージをロープウェイ乗り場で借りることができますよ。

ちなみに、歩いて山頂まで登ることも可能です。3時間ほどかかるようですが・・・

 

駐車場からロープウェイ乗り場まではシャトルバスが

山頂の天気は変わりやすく、また地上とは気候も異なるため、なかなか晴れることがありません。

私はここ1ヵ月ほど、毎週末びわ湖テラスのHPでライブカメラを見ていましたが、なかなかスカッと晴れる日が無くて、行きたいけどいけない!!ってことが多かったです。

この日は、珍しく朝から晴れていたので、意気揚々と行くことにしました!

はぴこ
はぴこ
行かれる方はライブカメラで天気のチェックを!!

やはり天気が良い週末は、皆さん狙ってくるらしく、非常に人が多く駐車場も満杯です。

午後になると、山頂へ向かう入り口も入場制限かかるので、午前中の早めの時間に行くことをお勧めします。駐車場料金は平日1000円。休日2000円です。

我が家も早めに出てきたつもりでしたが、途中渋滞にはまって到着したのは10時半。すでに、ロープウェイ乗り場行のバス待ちの長蛇の列ができていました。

あまりにも長い列に、自分でロープウェイ乗り場まで歩いていこうとする人がいたのですが、その人たちにすかさず警備員さんが

警備員さん
警備員さん
歩いていくと、後悔しますよ~。

とアナウンスしていたので、おとなしく待つことに。バスは数台でピストン輸送しているので、結構早くにやってくるのでそれほど長く待つこともありませんでした。

確かに、見た目にはロープウェイ乗り場は近く見えたのですが、実際は道路がつづら折りになっていたので、結構距離があったため、バスに乗って正解だったと思います。

 

ロープウェイは9時~17時の間、15分間隔で運行

駐車場からロープウェイ乗り場まで来たら、次にチケットを購入してロープウェイに乗ります。

一度に結構な人数を輸送できますが、人が多いためこの日はすでに30分待ち。とりあえず、はぴおさん達に並んでもらいつつ、はぴこはチケットを購入しに行きました。

ロープウェイ料金

大人2500円 小学生1000円 幼児(3歳以上)600円

わんちゃん500円

わんちゃんは500円かかりますが、ベビーカーに乗って場所取っている弟くんは無料です(笑)

ベビーカー、どうしようか悩んだんですが、ちょうど車で寝てしまっていたので、ベビーカーに載せて来ました。ロープウェイはベビーカーに載せたままでOKでしたよ。

30分と言われていたけど、列はそこそこ進むので、それなりにスムーズに順番が来ました。

 

ロープウェイはアトラクション的な楽しさ満載!

こちらが、山頂まで一気に運んでくれる、ロープウェイです。

コンパクトに見えますが、結構人が入るようです。

中はこんな風につり革?のようなものがぶら下がっています。移動中は、振動というよりは浮遊感?があるので、こちらのつり革につかまっている方が安心だと思います。

我が家は運よく後方の窓側に陣取ることが出来たので、安定して乗ることができました。

ロープウェイはスタートしたと思ったら、一気に上昇していきます。

時速30キロちょっとで上昇していくので、結構なスピード感を感じることができますよ。途中途中で通過する支柱の部分では、体に浮遊感を感じるので、アトラクションに乗っている感じ。

交互で運行しているため、もう一台のゴンドラとは中間地点ですれ違うのですが、結構スピードがあるため、あっという間に遠ざかっていきました。

どんどんどんどん上昇して、無事山頂に到着です!

山頂にはびわ湖テラスのメインカフェの他にも、蓬莱山の山頂にあるテラスカフェ360までのルートや、その他いろいろなアクティビティの紹介がされています。

スカイウォーカーやジップラインなど気になるものがたくさんありますが、とりあえず、一番行ってみたいと思っているびわ湖テラスのメインテラスに向かうことにしました!

 

最高の景色!!びわ湖テラスThe Main!!

びわ湖テラスのメインカフェがあるGrand Terrace

テラスに向かうと、写真映えしそうな格好をした方々がたくさん、写真を撮っています!

右側の階段を進むと、恋人の聖地?な展望台があるようですが、ベビーカー持参にて断念。この頃には弟くんも起きていて、ベビーカーに乗りつつきょろきょろしていました。

早速我が家もテラスに登って、景色を堪能します!!

テラスには、エッジ部分には柵がなく、インフィニティ感を出すためか水が張ってあるため、小さな子連れとしては非常に非常にひじょーーーに!!ちょっと怖い場所でした。

ほらー。すぐそんな端っこぎりぎりに行って、水を触ろうとする・・・
水面じゃなく、琵琶湖を見なさいな、琵琶湖。綺麗だよ。景色。

雲は多めですが、秋らしいうろこ雲が印象的で、とても気持ちの良い場所でした!

しかしながら、いかんせん子供達がテラスのエッジに向かうと、落ちやしないかとハラハラしっぱなしだったので、早々に退散。じっくり写真を撮る暇もありませんね。

テラス自体にもこれだけ人が多いので、写真を撮っているすぐ後ろで、常にだれかが写真撮り待ちをしているので、そこまで長い出来ない印象でした。

はぴこ
はぴこ
こちらは、おそらく平日に大人だけで来るのが最適なのかもしれませんね。

 

8月にOpenしたばかりのNorth Terraceはゆったりお洒落!

Grand Terraceのさらに奥の方に行くと、今年の8月にオープンした北側のカフェエリア、North Terraceになります。

こちらも柵などがなく、すぐに山の斜面になるので、本当に空と琵琶湖とテラスが一体になっているような、そんな景色を楽しむことができました!

テラスと琵琶湖とうろこ雲。緑も濃く、広々としてとっても気持ちいい!

ここはメインテラスよりも比較的空いていたので、子供たちも素晴らしい景色と一緒に記念撮影!なぜか、先ほどまで水を触りに行こうとしていた兄くんがベビーカーに載っています。

とは言っても、やはりここも子供たちがちょこまか動くのは落ち着かないので、早々に退散です。

こんな場所で、じっくりのんびり過ごすには、大人だけで来るのがベストなんでしょうね・・・

あぁ、このパラソルの下で、のんびりとお茶を飲みながらぼーーーっとしていたい。

最高のロケーションですが子連れにはちょっとハードル高い

というように、私が行きたかったメインのびわ湖テラスの方は、小さい子供が一緒だと落ち着かなくてのんびりお茶が出来る雰囲気ではありませんでした。

景色・雰囲気・大人な空間という感じで、ゆったり大人だけでくつろぐのが最適なのかなという感じです。

だけど、びわ湖バレイには、そんな大人だけの空間があるわけではなく、子供たちも最高に楽しい場所でもあるんです。

次回は、そんな子連れのお出かけとして楽しめるポイントを紹介したいと思います!

はぴこ
はぴこ
子供達にはやはり景色より遊び!ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください