ヒルトン・リセール購入記

タイムシェアってどんなシステム?資産価値があるってほんと?

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

現在リセール購入の申請最中ということで、タイムシェア関連の記事が多いのですが、そもそもタイムシェアって、あまり聞きなれない言葉ですよね。

ハワイに旅行に行ったり、沖縄に旅行に行ったりした際に、タイムシェア販売のブースで声をかけられたことがある方も多いと思いますが、それでも実際に話を聞きに行った方も少ないはず。

ということで、ここで一度しっかりタイムシェアというシステムについておさらいをしていきたいと思います。




タイムシェアとはどんなシステム?

ハワイに定期的にいっていると自分の別荘が欲しくなる?

ハワイとかリゾート地に毎年のように出かけるようになると、この大好きな場所に自分の別荘が持てたらな・・・なんて夢を見るようになると思います。

でも、ハワイ、特にワイキキ地域の地価は恐ろしいほどの上昇で、物件価格は毎年うなぎ登り!

現在、アラモアナ地区やカカアコ地区には新しいコンドミニアムが次々に建設されていますが、1ベッドルーム程度の物件でも数億レベルの物件価格になっているんです。

はぴこ
はぴこ
いや、もう、宝くじが当たったとしても手が出ない価格ですよね。

また、個人で所有するとなると、固定資産税を始め巨額の維持費がのしかかってくるので、初期投資だけでなく毎年の管理費も考慮する必要があります。

毎年数週間くらいしか使用しないのに、こんなの個人で負担するなんて、一般人では到底無理ですよね。

 

 

別荘を持ちたい人が複数人でシェアするイメージです

だけど、もし同じ部屋を複数人でシェアしたら、どうなるでしょうか?

複数人で所有することになるので、初期投資も分散されるし、管理費も複数人でシェアすることができます。なので、一人で負担するよりもかなり軽減することができます。

この複数人で1つの別荘をシェアするという概念で運営されているのが、タイムシェアというシステムなのです。

よく説明で利用されるのが、1年間を52週で区切って1つの部屋を52人でシェアしましょうっていう感じ。

なので、その部屋を購入する価格も、それぞれの権利に応じて配分できるし、なおかつ維持費も抑えられるという計算なんですね。

ラグジュアリーなお部屋も権利は1週間分と限られていますが、その1週間は自分のものということで活用することができるんです。

はぴこ
はぴこ
1人でお部屋を購入するよりもかなりハードルが低くなります。

 

不動産としての資産価値ってあるの?

じゃあ、1週間分と限定的ではありますが、別荘を保有していることになるので、実はもしかして資産価値もあったりするのでは?と思われるかもしれません。

実際に、ヒルトンは土地付き所有権という名目で販売しているので、あたかも資産価値があるような気がしちゃいますよね。

名義の登記もありますし、子供に相続することも可能なので、そういう意味では間違いではないと思います。セールスさんも、資産価値ある!と説明してきますし。

でも、私個人としての感覚では、資産価値はゼロではないけど無いと思ってもいいかなと感じています。

あくまで、利用権を確保しているだけにすぎないかなと。

土地付きと言ったところで、膨大な部屋数を保有しているホテルの1室のたった1週間分の権利です。

その中に、どれくらい土地の成分入ってる・・・?って感じですよね。
なので、会員権的なイメージで保有することが、気持ち的には近いと思います。

 

 

相続はできるけど・・・子供は欲しがるかは疑問

もちろん、タイムシェアの権利はセールスさんの説明通り相続も可能です。

ディズニーのタイムシェアであるDVCは50年の期限付き物件なので終わりがありますが、ヒルトンやマリオットの権利は半永久的

なので、権利放棄や売却しない限りずっとそのコンドミニアムを利用する権利を所有することができます。

また、アメリカの不動産ということもあって、日本での相続税などはかかりません

でも・・・実際自分たちの子供が、毎年の管理費も込みで相続してくれるか?となるとちょっと難しいかもなと思います。自分たちは納得して購入して、システムも理解して活用していますが、子供達は欲しいかどうかなんてわからないですもんね。

子供の頃からずっとハワイに行っていたら、大きくなってからもハワイに行きたい!とは思わなくなる可能性もありますし。

なので、私は自分たちが不要になったら、一旦子供達に欲しいかどうか確認してから、権利放棄しようかと考えています。そのことも考慮して、ヒルトンはリセールで購入しようと思いました。

リセールで初期投資を抑えて購入すれば、10年もかからずに初期投資分は回収できるので、あとは別に権利放棄しようが二束三文で売ろうが問題ないですからね。

DVCは50年の期限付きなので、80歳とかになっていますが、その頃までは持っていける計算なので大丈夫かなと思っています。

死んでもいいように管理費分は子供達に残しておく予定(笑)
それくらい、長い目で考えてタイムシェアは購入するのが一番だろうなと思いますね。

はぴこ
はぴこ
あまり子供達に負担になるようなものは残したくないですからね




 

さいごに

よくインターネットでタイムシェアについて文句言っている人の大半って、このタイムシェアに資産価値があると勘違いして購入してる人たちのような気がします。

でも、よく考えてください。

あの1当地のあのラグジュアリーなホテル、数百万程度で我が物にできると思いますか?

管理費や初期投資はたしかに高いですが、お部屋のメンテナンス、維持費、スタッフの雇用などを考慮すると仕方のない部分でもあるかなと思います。

まぁ、高いですけどね。年々上がりますしね。もっと安くなれ!とも思いますけどね。

もちろん、正規購入には販売員の人件費や説明会参加特典などもプラスされるので高くなってしまうのも、理解できなくはありません。

それでも、リセール価格と比較すると・・・まぁ色々言いたくなる気持ちもわからなくもないです。

それにしても、この管理費を52倍すると・・・と計算して、ヒルトンの丸儲けじゃないか!!という人もいますが、そりゃ儲けがなければ誰もやりません。

商売として成り立つからこそ、有名ホテルが参入してきたわけですからね。

でも、しっかり管理費を払っているからこそ、あのクオリティを維持しているわけですし、リゾート気分を満喫できるためには仕方ないところだと思います。

その点も加味して、それでも他で借りるよりメリットがある。お得感を感じることができる!って人がやはりタイムシェアは購入するのが一番なんだろうなと思います。

はぴこ
はぴこ
最終的にはタイムシェアの各しくみをしっかり理解して、がっつり活用出来るのが一番なんだと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください