SONYのα7RⅢにα9用のボディケースがピッタリ!質感も良い感じです

こんにちは!はぴこです。

α7RⅢが思いがけず早く到着して、慌ててストラップなどを探し始めたのですが
どうしてもα7RⅢを置くときの「ゴトッ」という底打ち感が
なんか嫌な感じがして、ボディケースが欲しくなりついでに探すことにしました。

ただ、α7RⅢは発売から時間も経っておらず、製品自体も品薄状態なため
まだ専用のボディケースの販売があまりない様子。
あっても、数万円するくらいの、かなり高いものしか見つかりませんでした。

サイズ的には、前の機種であるα7RⅡよりはα9とほぼ同等のサイズのようなので
α9用のボディケースならいけるんじゃないかな?と思い購入してみることに。
結果、α9用のボディケースが、α7RⅢにもピッタリでいい感じに仕上がりました。
もし、α7RⅢ用のボディケースを探しているなら、
α9用のこちらのボディケース、かなりおススメですよ!

速写ケースって名前カッコいいですよね。



 

TP Original Leather Camera Body Case for SONY α9

意外としっかりした箱で届きます

実はこちら、大陸方面製ということで海を渡って到着したため
発送連絡から家に到着するまで10日ほどかかりました。
いつ届くのかな~と思って気長に待っていたほうが良いと思います。

こんな風に真っ赤な箱に入って到着します。
意外ときちんとしてる。

箱をオープンすると、これまた柔らかい布製の袋が出てきます。
革製のTPオリジナルのロゴ入りタグも付いていて、結構しっかりしてる。

袋の中には、ボディケースとカメラに固定するためのねじが入っていました。
固定は、三脚穴を使って固定するのですが、ネジ自体も三脚用穴があるので
ボディケースを付けたまま、三脚に取り付けられて便利!
また、装着用のつまみが付いているので、わざわざコインを用意する必要も無く
着脱できる仕様なのも、親切ですね。

意外とちゃんとしてます。

 

ボディに装着!ピッタリサイズで浮きもないです!

それでは、ボディに装着してみましょう!
今回、選んだのは「Tan」という明るいブラウンカラーのものです。
α7RⅢのRやレンズマウント部分のオレンジに合わせるために、明るめの色にしてみました。

またストラップは、Photo Mさんの「キャメル」という色です。
このストラップも革製なのに初めから柔らかくて使い心地が良く、すごくいい感じです!

ストラップもボディケースも別々で購入したのに
どちらの色味もそろっていて、かなり統一感ある雰囲気になりました!
Tanはキャメルカラーってことで、間違いないですね。
すごく、かわいい雰囲気になります。

 

 

各部位との干渉もなく使い勝手もばっちり!

α7RⅢ専用ケースではないので、各パーツとの干渉が気になるところですが
α9とα7RⅢは、かなり似通った作りなので特に干渉も無くばっちりです。

チルト液晶もスムーズに出せますし、サイドの端子接続部も開閉可能。
若干、こちら側の下の端子接続部分の蓋があきにくい感じですが
開くのはあくので、特に問題にならないと思います。

もちろん、カードスロット側もばっちりオープン可能です。
こうしてみると、本当にα7RⅢとα9って、形がほぼ同じなんでしょうね。

底の部分はこんな感じ。
TPオリジナルのロゴと、三脚穴があります。
α9用専用ケースでも、グリップ部分が浮いてる製品などがありますが
こちらのケースは、グリップ部分の不要な浮きなどなく、ピッタリ沿っています。
ケースを付けることで、余りがちな小指もしっかり置けるようになりました。

一番気になる電池蓋も、まったく問題なくオープンしました。
よく電池ケースの部分だけ底がないタイプのボディケースもありますが
個人的には、ここもしっかり蓋してもらえると嬉しいので、気に入りポイントの1つです。

蓋の作りもしっかりしているので、使用時にパカパカする雰囲気も全くありません。
かなりしっかり作り込まれた製品だと思います。
これなら、ボディケース装着したままで
電池交換もできますし、カードスロットにアクセスもばっちり対応できますね。

 



 

さいごに

新製品を販売直後に購入すると、こういうアクセサリー類がなかなか見つからないのですが
今回は、同じく2017年発売のα9とほぼ同じ形だったということで
α9用のケースがばっちりハマってくれて良かったです!

ケース自体の作りも、本革を使用してますし作り自体もしっかりしています。
本革を使用したボディケースって、大抵2万近くしますし
その点を考えても、かなりコスパ優秀なケースなのではないでしょうか?

カラーも8種類あるので、自分好みの色を選べるのも嬉しい点。
個人的にピンクで冒険してみるのもアリかな~と思いましたが勇気が出なかった・・・
グリーンも渋くて素敵だなと思います。

もし、α7RⅢ用のボディケースを探してて、見つからなくて困っているなら
こちらのα9専用のボディケースが問題なく使えて、質感も良いのでおススメですよ!!

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です