レンズ

SEL70300G作例レビュー!35周年仕様のディズニーセレブレーションエクスプレスを撮影してきました!

こんにちは!はぴこです。

ようやく手に入れたSONY純正望遠Gレンズ。前回は超中途半端な作例を載せただけでした。

とうとう望遠レンズ買いました!SONYの望遠GレンズSEL70300Gの開封レビュー!

さすがに、あの作例じゃあまりにも酷すぎるので、この週末空港に飛行機を撮りに行きたいな~と思って、ぽちぽちと調べ物をしていると、どうやら私が見たいと思っている飛行機が伊丹空港に来ていることが発覚!!

これは、望遠レンズの作例を撮りに来い!!ってことだよね?と思って試写も兼ねて撮影してきました!

待望のセレブレーションエクスプレスだったので、テンション高く飛行機の写真ばかりですが望遠レンズの作例として、参考になればいいなと思います!

はぴこ
はぴこ
完全に自己満写真の羅列です!!

今回使ったのはもちろんこちらのレンズです!

ディズニー・セレブレーションエクスプレスとは?

35周年Happiest Celebrationラッピング仕様の特別な飛行機

JAL Celebration Express(セレブレーションエクスプレス)就航 – JAL

ディズニー・セレブレーションエクスプレスとは、現在で開催されている、東京ディズニーリゾート35周年のイベントに連動した、特別なラッピング仕様の飛行機です。

東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであるJALの飛行機が、こんな風に35周年デザインのかわいい塗装が施されている特別な飛行機なんです。

外だけじゃなく、機内も特別仕様にデコレーションされていて、ドリンクカップも35周年デザインだし、飛行機に搭乗すると搭乗証明書までもらえちゃうんです。

さすがに乗ることは出来ませんが、せっかくなら写真撮りたいなと思っていました。

 

羽田発着で大阪(伊丹)・福岡・札幌(新千歳)・那覇行のみ

特別塗装の飛行機を、見たい見たいと思いつつも、空港に行ったら必ず見れるというわけではないのが、この飛行機の難しいところなんです。

基本的に、羽田発着に利用される機材で、羽田発大阪・福岡・新千歳・那覇のどれかの便に使用されるので、羽田以外の空港では、毎日必ず見れるというわけではないんですよ。

以前、伊丹空港に遊びに行った時も、ちょうどセレブレーションエクスプレスが就航し始めたところだったので、期待していたのですが、残念ながらその日は違うラッピング飛行機が伊丹担当でした。

リニューアルした大阪国際空港に行きました!展望デッキは子供が楽しめる!でも駐車場が・・・

はぴこ
はぴこ
やっぱりミッキー好きとしてはディズニー仕様の飛行機が見たい!

 

フライトスケジュールは当日と翌日分のみ検索可能

セレブレーションエクスプレスのフライト情報が全く分からないのか?と言うとそういうわけではなく、公式HPで検索すれば当日と翌日分のみを検索することが可能です。

JAL Celebration Express

まぁ、土日に大阪に都合よく来るわけないよな~と思いつつ、土曜日にポチポチと検索していると、なんと土曜日の夜最終便で大阪に到着し、日曜日の朝一の便で出発するとのこと!

望遠レンズが届いて、試し撮りをしたくて仕方ない週末に大阪に来てくれるなんて、なんて幸運!

これはぜひ見に行きたい!!

はぴこ
はぴこ
あの・・・日曜日の朝7時5分発でディズニーの飛行機飛ぶから行きたいんだけど・・・
はぴお
はぴお
いやいや。さすがに朝早すぎて子供達辛いでしょ。
はぴこ
はぴこ
たしかにね。でも、望遠レンズ試したいし・・・
1人で写真撮りに行っちゃだめかな?
はぴお
はぴお
・・・・・。まぁ、いいですけど。

しぶしぶ?ですがはぴおさんから了承を勝ち取ったので、朝一飛行機撮影に行くことにしました!

 

 

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSで飛行機撮影

7時05分伊丹発羽田行セレブレーションエクスプレス!

というわけで、当日朝早起きして大阪国際空港に6時前に到着。

展望デッキは朝6時からオープンなので、6時まで待ってからデッキに上りました。

すると目の前に、会いたかったセレブレーションエクスプレスの姿が!!

はぴこ
はぴこ
目の前過ぎて、ラッピングデザインがしっかり見れない!

展望デッキのすぐ前だったので、デザインの全体像をしっかり見ることは出来ませんが、出発時にはちゃんと見れると思うので、とりあえず目の前に見れたことで一安心。

着々と7時5分の出発に向けて、準備が進められていました。

荷物が入ったカーゴは、さすがにミッキー様のお顔ではなく、プルートのお口から入るスタイルのようですね。

連日猛暑続きの大阪なので、朝7時前とは言えども、陽が差し込んでいてなかなか暑い。

この暑さの中、外での作業、本当にお疲れ様です!!

 

望遠レンズのズーム&ピントの速さも問題なし!

とりあえず、朝6時に到着して、飛行機もまだ飛ばなさそうなので、新しく手に入れた望遠ズームレンズの性能チェックを行いました。

まずは気になるのが望遠ズームのズーム具合ですよね。

SEL70300Gはフルサイズ機で70mm~300mmまでズームできる望遠ズームレンズになります。

でも、SONYのフルサイズカメラには、非常に便利な下記のモードが搭載されています。

  • APS-Cモード
  • 全画素超解像ズーム

APS-Cモードは、フルサイズボディだけど、APS-C専用レンズが使用できるようになるモードで、フルサイズ用レンズで使用するとクロップされる形になりますが、中心部分のみをしようするため、1.5倍の倍率で使用することができます。

全画素超解像ズームは、いわゆるデジタルズームになるのですが、デジタル処理で画素補完をしてズームしてくれるので、デジタルズームだけど画質の劣化を最小限に防いでくれます。

デジタル処理を施すため、RAWで保存することは出来ませんが、全画素超解像ズームを使用すると、2倍までズームすることが可能になります。

というわけで、APS-Cモードで450mmまで、超解像ズームでさらに900mmまで大きくズームすることができるんですよ!

900mmまでズームできるとなると、写真のようにかなり大きく撮影することができます。

まぁ、でもAPS-Cモードもクロップしているわけだし、超解像ズームもデジタルズームなので、画質の劣化がどこまでなのか正直気になりますよね。

その点については、次回の記事でしっかり比較してみたいと思っています。

 

 

近接撮影での背景ボケも綺麗でいい感じ

話は戻って、レンズの試写の続きです。

飛行機の出発時間が近づくにつれ、展望デッキにはセレブレーションエクスプレス目当てに大きなカメラを抱えた人たちがちらほらと増えてきました。

上の写真のお兄さんは、150-600mmのバズーカレンズ搭載。レンズがでかい!!

レンズにピントを合わせて撮りましたが、近距離でも背景が綺麗にボケて良い感じですね。

こちらのおじさまは、ご覧の通り立派な白レンズ様です。

こちらの人は、おそらくかなりベテランの域の飛行機撮りさんだと思います。

写真に写っている、たぶん大三元ズームレンズの他に、もう一つのボディ(7D)には小三元ズームレンズを付けて2台もちされていました。さすがです。

そして、ベテラン飛行機撮りさん必須の無線機ももちろん保有されておりました。

以前、伊丹空港横の土手に飛行機の撮影に行った時も、同じように無線を聞きながら大きいレンズを搭載したカメラで撮影しまくっているベテランさん達がいたなぁ・・・

はぴこ
はぴこ
飛行機撮りに必須の航空無線機・・・一度でいいから聞いてみたいです。

 

 

セレブレーションエクスプレスがいよいよ出発!

そんな感じで、ギャラリーが増えてきたところで、いよいよセレブレーションエクスプレスの搭乗タラップが外されて、出発時刻となりました!

プッシュバックで、滑走路に向けて送り出されていきます。

滑走路に向かうルートに到着したところで、ようやく35周年ディズニーデザインの全体像が見れるようになりました!

あぁ!!かわいい!!でも、写真の水平が撮れていない!!

ミッキー達の部分にズームして1枚。これでちょうど300mmです。

展望デッキからの撮影でも、300mmでここまで大きく写すことができるんですね。

35周年のコスチュームを着た、グーフィー・ミニー・ミッキー・プルート・ドナルド達がシンデレラ城をバックにしていてとってもかわいい!

はぴこ
はぴこ
出来ればこの飛行機に乗りたい!でも、乗るとラッピングは見えないんだよなぁ。

 

 

SEL70300G+α7RⅢでのAFの追従スピードも迷いなく良好!

飛行機はどんどん奥の方まで進んでいき、滑走路の端っこまで進みました。

いよいよ出発です!ここからは、今回の新しいレンズの腕の見せ所!

高速で走って離陸していく飛行機をちゃんと追従してピントを合わせることが出来るのか!?

奥の方の滑走路を爆音を鳴らしながら、セレブレーションエクスプレスが走ってきました!

離陸っ!!

ミッキー!バイバイ!!!

ぐんぐん高度を上げていきます!

SEL70300GのAFは、特に迷うことも無く、300mmの望遠端でもしっかりAFが追従してくれて、無事滑走路を走っている時も、離陸してからもしっかりピントを合わせて飛行機を捉えることができました!

望遠端でも迷いなくAFが決まるって気持ちいい!!

連写モードは使用していませんでしたが、かなりシャッターを連続して切ったけど、特にフリーズすることなく、しっかりと撮影することができました。

はぴこ
はぴこ
サクサク撮影できて気持ち良かったです。

 

画像保存中はAPS-Cモードに切り替えれない!!

飛行機がぐんぐん高度を上げて、そろそろ300mmだと厳しいから、APS-Cモードに切り替えて450mmにしようとしたところ、ちょうど画像保存中で切り替えられませんでした。

どうやら、シャッターを切った後に、データを保存するまでには少しタイムラグがあるようで、モード設定を変えるなどの作業は出来なくなってしまうようです。

しかも、飛行機の離陸に向けてRAW+JPEGの形式で保存していたから、通常よりも時間がかかっているようでした。

APS-Cモードに無事切り替えられたときには、飛行機はだいぶ高くあがって旋回を始めていました。

旋回の先も綺麗な青空ならもっと絵になるんでしょうが、あいにくの黒い雲が・・・

黒い雲の中に旋回しながら突っ込んでいきました。

それでも旋回してきて、再び青い空に飛び出して来てくれたので最後の1枚!

さらに望遠しようと全画素超解像ズームを使用しようとしたら、RAW保存中だったため、超解像ズームが使えませんでした・・・

RAW対応していないので、RAWで保存している場合は、超解像ズームが使えない!って覚えておく必要がありますね。

とりあえず、上の写真をトリミングしてみたところ、ちゃんとミッキー達も写っていますね。

これが超解像ズームで撮ると、どこまで解像出来ていたのか・・・気になるところですが、今回は使えなかったので、ここまで!

しっかり飛行機を見送ることができて、とっても楽しかったです!

はぴこ
はぴこ
飛行機撮影って、やっぱり楽しい!!

やはり専用レンズはズームもAFも使いやすい!

今回、初めてちゃんとした望遠ズームレンズを購入したわけですが・・・

やはり飛行機撮影にはしっかりとした望遠ズームレンズを使用すると、全然違いますね!

AFもしっかり飛行機に追従して迷うことも無いですし、滑走路を走るときからしっかりとピントを合わせて撮影することができました。

またα7RⅢは高画素機だからこそ、安心してAPS-Cモードが使用できますし、更に全画素超解像ズームを利用して、かなり大きく写すことができます。

残念ながら、セレブレーションエクスプレスの離陸の撮影では、うっかりRAW撮影していたため、超解像ズームまでは利用できませんでしたが、それでもAPS-Cモードで450mmまで切り替えられるのは非常に便利だなと思いました。

でも、やはりそこまでズームして、本当に画像の粗さとか劣化はないの?と気になるのも事実。

と言うわけで、次回はAPS-Cモードと全画素超解像ズームとの画質の違いを比較して、本当にこの機能は使える機能なのか!?と検証してみたいと思います!!

はぴこ
はぴこ
1人で朝活!飛行機撮影、とっても楽しかったです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください