【子連れハワイ】日本からチャイルドシートを持参してもハワイでは使えないの!?

こんにちは!はぴこです。

アウラニのあるコオリナ地区は、
ワイキキのように便利なトローリーが走っていないので
レンタカーがあると便利です。

はぴこ家もレンタカーを使用予定で予約しています。

ハワイでも、日本同様子供にはチャイルドシートの着用が義務付けられており
レンタカー会社でも、チャイルドシートのレンタルが設けられていますが
いかんせんお高い…

ということで、日本で使用しているチャイルドシートを
ハワイに持って行って使用しようかと考えていたところ
実は、日本で販売されているチャイルドシートは
ハワイ(米国)で使用すると、法律違反になるようです。

 



 

 

日本認証のチャイルドシートを使用すると罰金に

米国の安全基準はFMVSS 213

米国であるハワイでは、米国の安全基準である
FMVSS 213規格で認証されたチャイルドシート以外を使用していると
法律違反とみなされるそうです。

レンタカー会社のダラーレンタカーのHPでも下記のように記載されています。

※個人所有のチャイルド/インファントシートを利用する場合は、アメリカの安全基準(FMVSS)を通ったシートに限ります。(ベスト不可)日本の安全基準を通ったものは認められません。
※法律に違反した場合、罰金及びチャイルドシート・セーフティ講習の受講が義務付けられています。

 

実際に、持参したチャイルドシートを持参して使っていたとしても
車の中に入って、認証マークを確認したりはないでしょうが
万が一、事故にあった場合などに、
レンタカー会社で入った保険が下りない可能性があります。

ということは、米国の高い医療費を払わざるを得なくなるわけです。

それに加えて、事故調査で法律違反がわかると、
罰金・講習参加が義務付けられてしまうそうです。

せっかく楽しい旅行に来ているのに、
法律違反で罰せられるなんて、絶対に嫌です!!

 

日本の安全基準はヨーロッパ規格ECE/R44に準拠

日本も2006年までは、アメリカ基準のFMVSSに準拠していたのですが
2007年に安全基準の見直しが行われ、
ヨーロッパ安全規格であるECE/R44に準拠するようになったようです。

ですので、日本で国土交通省認証チャイルドシートは
基本的に特に記載がなければFMVSS認証は受けていません。

アメリカではFMVSS認証以外のチャイルドシートは認められないので
ハワイでは使用できないのです。

 

我が家の弟くんが使用しているチャイルドシートは
マキシコシのぺブルなのですが、
こちらは、ヨーロッパ規格の認証はとっているので
ヨーロッパでの使用はできますが、米国では使用できません。

ということは、ハワイに持って行っても使用できないということです。

 



 

 

レンタル or 現地購入?

荷物が増えないレンタルだけど、高い&汚れが心配

持参して使用できないことを考えると
選択肢は2つ。

レンタカー会社でレンタルするか、現地購入するか

レンタカー会社でレンタルすると
荷物も増えないし、返す時もそのままで良いので手間は省けますが
正直、汚れが心配です。

海外なので、あまり清潔でないと聞きますし
弟くん、何でも舐める時期なので、ベルトとかすぐに舐めてしまいます。
潔癖症ではないけど、やはりちょっと気になりますよね。

 

また、長期滞在となるとレンタル料も高いです。

今回、後半の6日間だけレンタカーを使用予定ですが
6日間でチャイルドシートレンタル料金が1人35ドル。
2人分で70ドルもかかってしまうんです。

70ドルなら現地購入しても同じくらいになりそう。
持って帰るのは手間ですが、今後使えるだろうし
不要ならば、メルカリなんかで売ってしまえばいいだけですもんね。
メルカリ使ったことないけど。

 

幸い、今回は前半はワイキキでレンタカー使用しないですし
ワイキキ滞在中に現地購入する方向で行こうかなと考えています。

 

 

ウォルマートでの価格調査

現地購入するにしても、購入価格がレンタルより高いと
レンタルのほうが良いと思うので、まずは価格調査です。

まずは、子供たちに必要なシートを選びます。

ニッポンレンタカーハワイのHPに基準が記載されていました。

インファントシート チャイルドシート ブースターシート
体重:10kgまで
身長:65cmくらいまで
年齢:生後9か月くらいまで
体重:9~18kg
身長:65~100cm
年齢:生後9か月~4歳
体重:15~36kg
身長:100~143cm
年齢:4歳~10歳

これによると、弟くんは10か月ですし、9キロなのでチャイルドシートで良さそう。
兄くんは3歳半ですが、体重も身長も基準を満たしているので
ブースターシートで良さそうです。

 

というわけで、それぞれの価格調査!
チャイルドシートは、50ドル前後であるようです。

これなんか、大好きなミッキー模様ですし価格も42ドルで良いですね。

ブースターシートはさらにお安く12ドルくらいからありますね。
これなんか、日本でもおなじみグレコ製。

全く同じ形のものが、日本では5000円で売られていますが
さすがアメリカブランド。20ドルですね。安い!

ワイキキ界隈のウォルマートに同じものが売っているとは限りませんが
現地購入でも、およそ60ドルくらいで手に入るようなので
レンタカー会社でレンタルするよりもお得になりそうです。

 

 

FMVSS認証のチャイルドシートは日本では使えます

ちなみに、日本基準のチャイルドシートを米国では使用できませんが
FMVSS認証のチャイルドシートは日本で使用できるようです。

国土交通省作成のチャイルドシートのHPには
米国安全基準(FMVSS No.213)に合格しているものは
国土交通省認証のものと同等とみなすと記載されています。

ヨーロッパ安全基準(ECE R44)も同等とみなすようですし
日本は結構柔軟なんですね。

なので、ハワイで購入したFMVSS対応チャイルドシートを
日本に持ち帰って使用するのは大丈夫なようです。

 

 

さいごに

レンタル料節約のために、日本からチャイルドシートを持参予定でしたが
米国では法律違反になることが分かったので、現地購入することに決めました。

はぴこ家の場合は、レンタカー会社でレンタルするよりも
現地購入する方がお得になる計算でしたが
1~2日くらいレンタルするくらいなら
レンタカー会社でレンタルしたほうがお得で便利です。
荷物にならないし。

その場合、清潔感などが気になるようでしたら
バスタオルやカバーなどを用意して持っていくと安心できますよ。

また、空港に到着してすぐにレンタカー使用する場合も
チャイルドシートを購入できないので、レンタルしたほうが早いですね。
日本で事前にFMVSS対応チャイルドシートを購入するのも
少々割高ですが、一つの手だと思います。

 

 

ハワイで購入したFMVSS認証チャイルドシートは、日本では使用可能ですので
もし、ちょうどチャイルドシートからブースターシートに変えるタイミングだったり
もう一つチャイルドシートが欲しいな、というタイミングであれば
ハワイで購入して使って、そのまま持ち帰って日本で使用するのもアリですよね。

ま、不要ならメルカリやヤフオクで売るのも手だと思いますよ。

 

実際に購入しました!購入レポートはこちら

ウォルマートでレンタカー用チャイルドシートを現地購入!【2017ハワイ旅行記-Day3-2】

2017.10.13

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です