JALの特典航空券を確実に取るために必要な5つのこと


こんにちは。はぴこです。
現在2017年9月に予定しているハワイ旅行の準備真っ最中です。

2017年Hawaii準備状況

2017.07.04

9月のハワイ旅行に向けての航空券。
実は4席分すべて、マイルを使った特典航空券で取ることができました。
利用するJALの関西ーホノルル線は、特典航空券の枠が解放時4席なので
枠全てを独り占めした形となりました。

というわけで、確保が困難といわれるマイルをつかった
ハワイ行きの特典航空券を確実に取るために
はぴこが今回行ったことを具体的に書いてみます。

 



 

JALハワイ行特典航空券を確実に取るために必要な5つのこと

1.必要マイルは貯まっているか確認

これは、特典航空券を取得するうえで、言わずもがなですね。
しかし、うっかり計算ミスで足りないと特典航空券に交換できません。
また、交換マイルは航空券取得時に必要になるため、
申し込む時点で、人数分のマイルを貯めておく必要があります。

今回申し込む際、まだJALカード割引の発表がなかったため
関西-ホノルル便(エコノミー)は1席40000マイル必要でした。
なので、家族4人分となると
40000マイル×4席分=160000マイル
になります。

2015年にJGC修行を行ったおかげで、がっつりマイルを獲得できていたため
必須マイル数はクリアしていました。

 

2.繁忙期ではない時期を選ぶ

繁忙期であるGW、お盆、お正月は、大型連休となるため
ハワイ旅行者が、そうでない時期と比べてかなりの数となります。
さらに、繁忙期はチケットの値段が高騰するため、
特典航空券のお得感がさらにUPするため、特典航空券を利用したい人の数も増えます。

となると・・・必然的にライバルが増えるわけです。

こういう時期は、先行予約特典を持っているJMBダイヤモンドなどの上級会員様が
先に押さえている可能性も高いため、避けたほうが良いと思います。

 

 

3.往復ではなく片道ずつ予約する

JALは現在、特典航空券を片道分ずつ交換することが可能です。
なぜ、往復ではなく片道ずつ予約したほうが良いでしょうか?

まず、国際線特典航空券の予約受付は
飛行機利用日の前日起算で330日前の10時から
となります。
しかし、往復で確保しようとする場合、
往路だけでなく復路も330日前に含まれている必要があります。

例えば、2018年4月29日日本発~5月4日ハワイ発という日程で旅行を計画している場合、
往復で航空券予約する場合は、
復路である5月4日の330日前=2017年6月8日以降
でないと、航空券予約ができないことになります。

しかし、往路は2017年6月3日には予約が可能となるため、
6月8日以降に往復分予約しようとした場合、
すでに往路分が空席待ちとなる可能性が大となるわけです。

なので、手数料がかかりますが往路分・復路分はそれぞれ片道ずつ
該当日の330日前10時に予約したほうが確実です。

ちなみに、片道ずつ取るデメリットとしては、
もし、往路が無事予約できたとしても、復路が確実に押さえられるかわからないことです。

実際、はぴこ家も復路取得に手間取りまして予定日程を1日増やすことになりました。
余裕を見た日程つくりをしていて、助かりました。

あ、もし日程調整できずに復路が確保できなくても、
片道分だけ航空券を購入することも可能です。

非常に割高ですね・・・
普通にディスカウントチケットなら往復購入できるんじゃない?という価格です。
これなら、獲得済みの往路分を手放して普通に取得したほうが
マイルも貯まるしお得だと思います。

 

 

4.オンライン予約ではなく電話予約で

これは、はぴこ家が解放される4席すべてを独り占めしようとしたからで
1~2席分の確保であれば、オンライン予約でも予約可能だと思います。
しかし、確実なのは電話予約だと思います。

実際、往路は電話予約で4席確保してもらった際に、
諸経費を、マイルをe-JALポイントに交換した分で支払いしようとしたのですが
電話予約ではe-JALポイントが使用できないと言われたため、
復路は、オンライン予約にチャレンジしてみました。

結果・・・は見事撃沈。
10時に更新すると、確かに空席4席あることを確認できたのですが
速攻4席入力して、次のページに進んだ時点で、席が確保できないとのエラーが…
もしかしたら1~2席ならとれたのかもしれません。

というわけで、日程を一日伸ばしまして、
次の日に再度電話予約により4席無事確保することができました。

オペレーターさんは
「私どもでも、確実に確保できる保証はないのですが・・・」
とおっしゃっておりましたが、やはりオペレーターさんがやると取れるんですね。
オペレーターのお姉さんが電話越しでしたが神々しく感じました。

 

 

5.330日前10時の10分前付近に電話する

正直、10時ちょうどに電話しても繋がらないです。
繋がったところで、要件を伝えてる瞬間に席はなくなっていると思います。

10時になる10分前頃、9時50分くらいに電話が繋がるようにかけます。
正直、この時間でもなかなか繋がりません・・・
でも根気よく、繋がってくれ!と念じながらかけましょう。

じゃあ、もっと早い時間からかけたら良いじゃない!と思うかもしれません。
実際、はぴこも20分前に、電話をかけ始めて繋がってしまいました。
その際に、要件を伝えた時点でオペレーターさんから
「申し訳ございませんが、航空券予約はせめて10分ほど前からでお願いします。」
と言われてしましました。

20~30分前に繋がって、10時まで接続を維持されてしまうと
その間、オペレーターさんの仕事を止めてしまうことになるためNGということです。
10分ほど前からだと、予約開始までに搭乗者情報の記録などの作業ができるため
オペレーターさんの時間を無駄にすることなく、許容されるようです。

ちなみに、我が家は早めに繋がりましたが、
質問したいことがあったため、そちらを質問している間に時間となりセーフでした。

また今回は、JMBサファイヤ専用ダイヤルとJGC専用ダイヤルの両方でトライしましたが
往路時も復路時も、圧倒的にJMBサファイヤ専用ダイヤルが繋がりやすかったです。

 

 

 

 

以上の5点を実践することにより、特典航空券を無事獲得することができました!
正直、かなり冷や汗かきましたし、実際日程変更を余儀なくされました。
特典航空券を取得する際には、ある程度日程に幅持たせておいて
取れたら取るか、くらいの気持ちでチャレンジしたほうが良いのかもしれませんね。

 

 

 

番外編:さらに確実にしたければ・・・

どうしても、確実に特典航空券を取りたいのであれば、
一番の近道は、JMBダイヤモンドのステータスを取ることです!

JMBダイヤモンドとなれば、もし特典航空券の枠がなくても空席さえあれば
必要マイル数×2倍で、特典航空券を獲得することができます。
なんだか、鬼システムですね。

じゃあ、JMBダイヤモンドのステータスを獲得するためにはどうすればよいのか?
ということですが・・・

  • 毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ONポイント
    (うちJALグループ便50,000FLY ONポイント)以上
  • または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ONポイント以上

でなれますよ。って、こっちのほうがさらにハードル高いですね。
失礼しました・・・

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です