2020年夏の北海道

夏の北海道!子連れ富良野・美瑛旅行記2020

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

夏休みを利用して訪れた北海道。

今回私がどうしても行きたい場所が、富良野・美瑛でした。

風光明媚で夏はラベンダーを始め、綺麗なお花が咲き誇る富良野・美瑛。

夏に北海道に行く機会なんて、あまりない我が家なので、これはぜひ行きたいと思っていました。

事前の天気予報では、旅行初日と2日目以外はすべて雨予報だったということもあり、せっかくなら天気がいい時に!ということで、2日目に車で移動。

とってもきれいな景色を下手くそな写真で紹介したいと思います。

はぴこ
はぴこ
夏の富良野・美瑛はとっても素敵でした!
お盆時期なのに閑散とした関西空港から新千歳空港に出発!2020年夏の北海道旅行 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 今年の夏休みは当初はハワイ旅行を計画していました。 初...

夏の富良野・美瑛旅!2020!

富良野・美瑛は北海道の真ん中らへん。結構遠い。

天気予報通り、青空が見える中向かった富良野・美瑛地区は、北海道のちょうど真ん中あたりに位置します。

正直宿泊先の札幌からはそこそこ遠い。

旭山動物園のある旭川とか、富良野で1泊する気持ちで行くと時間的にゆっくり楽しめていいなと感じました。

レンタカーを走らせて富良野方面に近づいてくると、北海道らしい広々とした風景が広がってきます。

空を広く感じることが出来て気持ちが良いですね。

北海道旅行にはレンタカー必須だなと改めて思いました。

 

 

 

ファーム富田に向かったらとみたメロンハウスにトラップ

基本的にノープランで富良野にやってきましたが、まずは定番のファーム富田に向かいました。

ッと思ったら、その隣のとみたメロンハウスにトラップ。

同じ系列会社なのかと思ったら、別会社のようで、ファーム富田の方にはとみたメロンハウスで買ったものを食べながら来ては行けないなどの注意書きがありました。

まぁ、いろいろあるよね。

とみたメロンハウスの方が、メロンのオブジェとかブランコがあって、子供たちはこちらに吸い込まれるように言っちゃいます。

メロンもブランコも可愛い。写真映えスポットですね。

もちろんメロンハウスなので、富良野メロンを頂くことも可能!

このメロンがあまりにもおいしくて、弟くん、思わずサムズアップ。

これなら普通に半分カットのやつ買って食べた方がお得だったなぁ。

半玉で1000円くらいでした。しっかり熟れててめっちゃ美味しかった。

日本の農業を担います(?)

また、とみたメロンハウスの方には、こんな風に大きなトラクターも展示されていて、子供たちはこちらに大興奮。

交代でまたがってみて超ご機嫌です。

ブランコにトラクター勢力が強くて、なかなか移動しようとしてくれません。

はぴこ
はぴこ
ねぇねぇ。隣にお花見にいこうよ
兄くん
兄くん
やだ!
弟くん
弟くん
やだ!!

と思いっきり拒否られたので、子供たちははぴおさんに任せて私は一人本来の目的地であるファーム富田の方に移動しました。

お花を見るならやっぱりこちらですね!

色鮮やかなお花たちが綺麗に整列されて植えられています。

ラベンダーの時期は、8月中旬だともう終わり掛けで、色の濃さなども少し薄めのさみしい感じになっていました。

初めこれはラベンダー?と思って撮影していたけれど、これはラベンダーじゃないらしい。

奥の緑色の丸いところがラベンダー畑だったようです。

もう時期が終わって、お花はこちらには全然ありませんね。残念。

だけど、ここは散策するだけでもとっても気持ちがいい。

北海道なので、夏の日差しは暑いのですが風は爽やかで、非常に過ごしやすい。

ラベンダー以外のお花も楽しめるので、やっぱり夏の北海道は良いなと思いました。

そろそろ戻ろうかと歩いていると、母を探しに来てくれた子供たちに遭遇。

ファーム富田では、メロンソフトとラベンダーソフトクリームを買っていただきました。

兄くんはラベンダーソフトクリームが気に入ったようで、パクパク食べてます。

どちらのソフトクリームもとっても美味しかったです。

子供達はお花に興味がなさそうだったので、ソフトクリームを食べ終わったらそのままファーム富田を後にし、次なる目的地に向かいました。

四季彩の丘で虹色の丘を楽しむ

続いて訪れたのは四季彩の丘です。

牧草ロールで作られたロールちゃんたちが出迎えてくれました。

こちら駐車料金が7~9月末までは有料なのですが、施設のレストランで食事をすると駐車料金が無料になります。

駐車場の手前にあるうどん屋さんでさっと済ませるのもアリなのですが、うどんの気分じゃなかったので、売店の上にあるレストランでいただきました。

で、ここで注文したスープカレーがめちゃめちゃおいしくって、大ヒット!

中に入っているお野菜がどれも大きくて肉厚でホクホクでめっちゃ美味しかったんです。

どちらも四季彩の丘の農園で撮れた新鮮野菜が使用されているので、すごく美味しい。

兄くんはナンタイプのカレーにしていましたが、お野菜美味しいと喜んでいました。

ただ、スープカレーなのでちょっとカレーは辛めなので注意が必要です。

後メニュー的に、子供向けのメニューはあまりありませんでした。

はぴおさんは弟くんと一緒にエビフライを注文して食べました。

はぴこ
はぴこ
こちらのスープカレーが美味しくて、スープカレー欲が満たされました…
とりあえず、あったら乗るよね

美味しいお昼ご飯を堪能した後は、早速四季彩の丘を散策します。

丘というだけあって、傾斜がありアップダウンが激しいので、トロッコ(ノロッコ)やカート利用がおススメ。

利用料金は下記のとおりです。

ノロッコ号(トラクターバス)
15分 園内一周
小・中学生:300円 / 高校生以上:500円
小学生未満は無料
バギー一周(約1km) 専用コース 1人乗り:500円 / 2人乗り:800円
カート15分間貸切 園内フリー 4人乗り(1台):2,000円

バギーは専用コースを回るだけなので、景色を楽しみたいならノロッコ号やカートがおススメ。

まずは弟くんの希望で、ノロッコ号に乗車して散策します。

普通に農業用のトラクターでカートを引っ張って、オフロードを走っていきます。

感染症対策で、座席の向き合うところには、ビニールのシートが貼ってあります。

たぶんビニールハウス用のシートかな?あと毎回乗車前に消毒で拭いてくれてました。

ノロッコに揺られていると、四季彩の丘の名物、お花畑が近付いてきます。

弟くん曰く、「虹の丘」だそうで、確かに虹色の丘が広がっていて綺麗です。

ノロッコは、虹の丘が一望できる少し小高い場所でしばらく停車します。

ここからは数分間の写真タイム。ノロッコを降りて写真撮影できました。

晴れ予報だったけど、少しずつ雲が出てきている時間で、ぎりぎり青空の中撮影出来てよかった。

見晴らしのいい景色をたっぷりと堪能することができました。

ノロッコに乗って一通り満足したかな~と思っていたら、今度は兄くんがカートに乗りたいと主張!

折角なので、今度はカートに乗って、お花畑の近くまで移動することにしました。

しかし、カートでオフロードのアップダウンのある場所を走るのはなかなかスリル満点!

ノロッコよりこちらの方が気持ちよくて楽しかったかもw

カートだと好きな場所に行けるので、お花畑のふもとまでやってきました。

お花と写真を撮るならこの場所が背景も綺麗で良いですね。

その他いろいろはお花も綺麗に咲いていて、近くで見れてとっても良かったです。

夏場はこんな風に綺麗に整備されたお花畑を堪能できる美瑛は、やっぱり最高。

このころにはだいぶ雲が出てきていました。

とは言え、お花撮って喜んでいるのは母だけで、子供たちはカートから降りもせず早くいくよ~と言わんばかりにこっちを見ています(笑)

うん、このカートでの移動はとっても楽しかった。兄くん提案してくれてありがとう!

カートにサヨナラを告げて、次の場所に向かいます。

クリスマスツリーの木に青い池。青い池は観光地。

続いてどこ行こうか~って話になり、美瑛の観光スポットを検索していると、「〇〇の木」というのがいくつもありました。

ということで、その中の一つであるクリスマスツリーの木を見に。

「クリスマスツリー」でもう木まで表現しているのだから「の木」は不要だと思うのですが…

うん。クリスマスツリーっぽい。ここは夏よりも冬の方が楽しめそうだなと思いました。

気を取り直して、次に行きます。

続いては、なんとなく秘境な感じがする青い池に向かいました。

おおおおお!!池が青い!本当に青い池です。

青いというより、ブルーグリーン?な池の中に生える木々たち。

とても幻想的な風景でした。

っと、ここまで見るととっても秘境感あふれるスポットのようですが、駐車場も整備され、売店もある立派な観光スポットでした(笑)

というか、この日行った場所の中では一番人も多く、混雑していたかも。

青い池を見る通路も、結構な密な雰囲気で、今は人気観光スポットなんだなと感じました。

青い池の青いソフトクリームはソーダ味。

可愛いキツネのクッキーがのっていましたよ。

ここは車でしか来れないけど、道によっては駐車場渋滞が発生していたので、行かれる際は時間的余裕を見ていくことをお勧めします。

 

最後は・・・付き合ってもらったので公園でフィニッシュ!

という感じで、富良野・美瑛観光を楽しみましたが、まぁ、子供たちにとっては移動ばかりで退屈だったようで、ストレス発散のため公園に寄ることにしました。

札幌から移動すると、車に乗っている時間も多いですし、観光スポットとは言え、子供たちが遊べる場所はないですからね。

母の希望に付き合ってくれて、ありがとう。

四季彩の丘のカートも楽しんでいましたが、この日一番楽しそうにしていたのは、やっぱりこの公園での時間でしたね(笑)

うん。子連れでの観光は、やっぱりなかなか難しいなと改めて感じました。

ノープランでも楽しめた!美瑛&富良野旅

ということで、移動は多かったですが夏の美瑛&富良野地方をたっぷり楽しむことができました!

基本的に、大体の方向を決めた後はノープランな私。

はぴおさんがいろいろ調べて連れて行ってくれたので、とても楽しい旅となりました。

ただ、お花を観たり・・・という観光は子供たちにとっては退屈だったようです。

最後に公園を提案してくれたのも、はぴおさん。

おかげで子供たちも、体を動かして楽しめたようで、とっても良かったです。

夏の美瑛&富良野はやっぱり最高でした!

はぴこ
はぴこ
十勝の豚丼が食べられなかったのが心残りだ―!

 

フェアフィールド・バイ・マリオット札幌のツインベッドルームに5連泊しました! こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 今年の夏の北海道旅行は、2020年4月にオープンしたばかりの...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください