EOS 6Dで撮る。クリスマスのディズニーシーその1

こんにちは!はぴこです。

写真旅行記、EOS 6Dで撮るディズニーシー編です。
シェフミッキーでの楽しい食事を終えて、リゾートライナーで
再びシーに戻ってきました!

午後になって、少し雲も出てきましたが日差しが暖かく過ごしやすい日で
上着がなくても平気なくらいの気候でした。

フルサイズ一眼の中では軽量コンパクトな6Dです。



 

EOS 6Dで撮る。クリスマスの東京ディズニーシー

メインエントランスでしばらく遊ぶ

今回、これまでずっとミラコスタの専用エントランスからばかりシーに入っていたので
メインエントランスに行ったのは、この時が初めて。
しばらくここで写真を撮ったりして過ごしました。
ウォルトとミッキーのブロンズ像と地球儀を一緒に撮ったり。

ややこしい3歳児、こんなところにも登りたがります。
まぁでも、小さい子はアトラクションに乗らなくても
階段とか、こういう場所で自由に動く方が楽しかったりしますね。
兄くんも生き生きと動き回っていました。

 

ハーバーの方へも行ってみよう

そうは言ってもエントランスでずっと遊んでいてもあれなので
なんとか兄くんをなだめつつ、ハーバーに向かいます。

個人的に、このミラコスタの下を通って見えてくるハーバーの景色が大好き。
ここを通り抜ける瞬間のわくわく感がたまりません。
だから、メインエントランス側から入ってくるのも好きなんですよね。

ハーバーでは、再びパーフェクトクリスマスのショーが始まるところでした。

ショーはさっき見たので、更に奥に進んで遊びに行こうと進んでいたところ
「アイス食べる!!」と兄くん。
うん。今日は日が照っていて暖かくて、アイスが美味しい気候だもんね。
さっき、シェフミッキーでいろいろ食べてきたところだけど・・・
ま、TDRなので今日は特別です。
兄がアイスを食べているのを見て、何かよこせと弟くんも言うので卵ボーロタイムに。

アイスも食べ終わり、マーメードラグーン方面に向かっている途中で
ちょうどパーフェクトクリスマスのクライマックス。サンタさんが出てきました。

丘を登った、高台からサンタさんを望遠端でパチリ。
サンタさんと言うよりは、彼を見る人の多さに圧倒されますね。
対岸の肌色の粒々、全部人の顔なんだよね・・・すごい数だ。

この後、マーメードラグーンでコースターに乗ったり
あれこれした覚えがあるのですが、残念ながら写真を撮っておらず。
というか、マーメードラグーン方面の人の多さにぐったりしてしまって
写真どころじゃなかったというのが正直な感想です。

 

 

結局戻ってくるのはポートディスカバリー(笑)

で、日も傾きかけた頃に、やっぱり戻ってくるのはポートディスカバリーです(笑)
結局、なんだかんだと言いながら、ここに行きついているので
やっぱりポートディスカバリーが好きなんだと思います。

今回買った、ポップコーンバケツ。
そう、これ、こう見えてポップコーンバケツなんです。
バズがおもちゃ屋さんに並んでいた時のパッケージそのままの姿ですね。

正直、ポップコーン取り出しにくいし、お店の方も入れにくそうでしたが
でも、男の子ならみんな大好き!なバズのバケツなので、兄くんは大喜びでした。
見た目はただの変な顔のおっさんにしか見えないんですけどね。

でも、これを持っていると、他の男の子たちもくぎ付けになっていたので
やはり男の子には人気なんだろうなと思います。

そんなこんなで、しばらくポートディスカバリーでふらふら遊んでいるうちに
弟くんはベビーカーに乗ったまま夢の中へ。
兄くんは、またアクアトピアに乗ると言い出し、兄くんとはぴおさんで乗ることに。

アクアトピア、結局2日間で何回乗ったんでしょう(笑)

 



 

さいごに

と言う感じで、だんだん日が暮れてきたので
続きの夜景編は、次回に持ち越そうと思います。

EOS 6Dはボディ自体は軽くて女性でも楽に持ち運べるサイズですが
EF24-105 F4Lレンズがそこそこの重さがあるので
それなりの重量感があります。
でも、バランスが良いのでそれほど重いと感じませんでした。

今回は弟くんがベビーカーに結構乗っていてくれたので
ベビーカーを押しつつ首にカメラをぶら下げて
写真撮りつつ散策できたので、非常に楽しかったです。

やっぱりカメラは楽しいなぁ。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です