ディズニー&しまじろう英語

【DWEユーザーが語る】私が幼児英語教育を始めた理由

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

我が家は、兄くんがゼロ歳の時から、ディズニーの英語システムである
Disney’s World of English(DWE)のユーザーです。
ちょうど購入してから3年になります。

また、半年前からベネッセのこどもちゃれんじEnglish(しまじろう英語)も始めました。

それぞれの教材の使用感をお話しする前に
まず、我が家がなぜ幼児英語教育を行っているかをお話ししたいと思います。

【DWEユーザーが語る】使用3年目の本音レビュー!DWEのメリット・デメリット【レビュー】 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 2014年、兄くんが0歳の時に購入したディズニーの英...
【DWEユーザーが語る】ディズニーの英語教材、実際効果あるの!?【レビュー】 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 前回、ディズニーの英語教材である Disney's Wor...
DWEユーザーもびっくり。こどもちゃれんじEnglishがすごい!【レビュー】 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 我が家はディズニーの英語システムである Disney's Wo...

 

英語の耳を育てたい

幼児期に英語教育を行う上でよく言われるのが、
この「英語の耳を育てる」ということです。

生後2年間が「耳」を育てる大切な期間

赤ちゃん達は、生まれてから言葉を発することができるようになるまで
自分の周りの「声」や「音」を耳で聞いて学習します。
自分の耳で感じた「音」たちが、「母国語」のベースになるんです。

例えば、英語圏にいながらも、
子育てを主に行う母親が日常的に「日本語」を使うと
赤ちゃんの母国語は「日本語」になります。

その結果、3歳くらいまで英語圏にいたけど英語はさっぱり・・・
という現象が、多く発生するわけです。

私たちは、現在日本にいて日本語を母国語として生活しています。
必然的に、赤ちゃんの耳には「日本語」がたくさん入ってきます。

英語の発音って、ご存知の通り非常に独特で
日本語とは発音の形態が非常に異なっていますよね。
日本人が英会話の習得に苦労する一番の理由が、
この英語独特の発音の仕方のせいなのです。

英語を聞き取る「耳」が育っていないために
英語独特の発音方法を聞き分けることができません。
その結果、自分自身もうまく発音できずに
英語でのコミュニケーションに苦労してしまうのです。

 

小さい時から英語を聞かせる環境を作る

正直、小さいときに英語教育を受けていなくても
将来、受験戦争を勝ち抜くための英語力は、後からいくらでも習得できます。
単純に、勉強をすればいいのですから。

勉強すれば、TOEICだってある程度の点数まで取れるでしょう。
だけど、英語の発音に関しては
元々の「耳」が育っていないと、なかなか難しいのです。

特に「耳」で学習することの多い幼児期は
「耳」から吸収する情報量は膨大ですし、吸収力も半端ない!

この時期に、きちんとした発音の英語を聞かせることで
大切な英語を聞き取る「耳」が育てられるわけですね。

そのため、まだ言葉を発することができない2歳よりも前から
英語が日常的に聞こえる環境を作ることが大切なんです。



 

英語を学んで子供達にも旅行を楽しんでほしい

ディズニーのタイムシェアのDVCオーナーである我が家にとっては
ここが一番の購入ポイントです。

Disney Vacation Club(ディズニーバケーションクラブ)ってなに?こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 我が家はDisney Vacation Club(以下DVC)のタイ...

アウラニやクルーズの魅力的なキッズプログラム

我が家がHomeとして所有するハワイのAulaniには、
アンティーズ・ビーチハウスという、キッズプログラムがあります。

これは、簡単に言えば一時預かりの託児所、みたいなもので
子供達を預かってくれて、その中で様々なアクティビティを体験させてくれます。

しかも、これ無料なんですよ!!

もちろん中には有料のアクテビティもありますが
そのほとんどが無料で利用できるんです。

また、将来的に行きたいと考えているディズニークルーズにも
オセアニアクラブと言って、
同様のキッズプログラムがあり、こちらも無料で楽しむことができます。

どちらも、参加は本人の希望次第ではありますが
もちろん、中で行われるアクティビティの数々は英語です。
アウラニの方は、もしかしたら日本語スタッフがいるかもしれませんが
基本的に英語で行われると考えて間違いないでしょう。

その時に、英語を少しでも聞き取れる「耳」を持っていれば
臆することなく楽しむことができるはずです。
海外のお友達ともコミュニケーションを取ることができるでしょう。

この先定期的に英語圏に旅行する予定ですし、
せっかくの旅行なので、子供達にも楽しんでほしいと思って
幼児英語教育を始めました。

 

 

実際3年やってきてみて・・・

実際インプットを3年間やってきて・・・
だいぶ耳は育ってきていると思います。

詳細は個別のレビューで記載しますが、一番感じることは
「英語」に対して、特に何も違和感なく対応するな
というところです。

我が家は、Amazonプライムの会員なのでFireTVを使っています。

プライム・ビデオの中にも、英語のビデオがあるのですが
車大好きなので、英語でも問題なく楽しんでいるようです。

特によく見るのがこちらのビデオ。

突然、このビデオの中で消防車が放つセリフ

OK, guys!!  I’ll Wash you!  大丈夫だよ、みんな!僕が洗ってあげる!

を言い出して、びっくりしたこともあります。
きちんと聞き取れて、発語できている証拠です。
まぁ、でもまだ3歳なので、日本語と英語の区別がついていないときもあります。

NHKの「英語であそぼ with Orton」も好きで良く見るのですが
厚切りジェイソンさんのしゃべり方を真似して

お箸は英語で・・・オハシー!!

なんて、言っていることもあるので。。
まぁ、そこら辺の区別はこれからですかね。

 



 

さいごに

3年間、英語を聞かせる環境を作ってきた・・・とはいっても
日中は保育園に通っていますし
常に英語のDVDやCDを聞かせているわけではありません。

おかあさんといっしょの歌も好きですし、
ディズニーのアニメーションも好んで見ています。

もう少しアウトプットが増えると良いなぁ思いも込めて
半年前から、ベネッセのこどもちゃれんじEnglishを始めたのですが
こちらも、驚くような効果が出ています。

しまじろう・・・おそるべしっ!です。

DWEもこどもちゃれんじEnglishも、
気軽に資料請求できるため、
もし幼児英語教育に興味があるのであれば
一度資料請求してみると良いと思います。

DWEはこちらから

 

こどもちゃれんじEnglishは下記バナーから資料請求できます。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
次回からは、それぞれの特徴や使用感などをレビューしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください