DWEユーザーもびっくり。こどもちゃれんじEnglishがすごい!

こんにちは!はぴこです。

我が家はディズニーの英語システムである
Disney’s World of English(DWE)のユーザーですが
半年ほど前から、しまじろうでお馴染みの
ベネッセのこどもちゃれんじEnglishを併用して使っています。

DWEユーザーの人は基本的にDWEオンリーなのかもしれませんが
我が家はアウトプットの機会をもう少し増やしたいなと思い
こどもちゃれんじEnglishを導入しました。

そして、実際使用してみた感想として
しまじろう効果というか、ベネッセやっぱりすごい!!と痛感してしまいました。

今日は、こどもちゃれんじEnglishのすごさをご紹介したいと思います!

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
 

こどもちゃれんじEnglishのここがすごい!

おもちゃとDVDの連動がすごい!

ベネッセのこどもちゃれんじの特徴で一番に挙げられるのが、
DVDと付録のおもちゃとの連動なのですが
この付録のおもちゃが高性能だし、DVDとの連動はすごいしで
これだけで、会費の元取れてるんじゃないの?ってぐらい素晴らしいです。

普通に何も言わずにDVDを流していても
同じおもちゃが出てくると、急いで自分で取ってきて、
嬉しそうに一緒にやり始めます。

目の前のDVDと同じものが手元にあるって
すごくうれしいことなんでしょうね。

 

上の写真のおもちゃが実際に送られてきたものですが
緑の鍵盤はトーキーボードと言って、音楽が流れたり
音を聞いてクイズができたりします。

兄くんはこのクイズが大好きで、DVDがなくても
トーキーボードを持ち出して、クイズをして楽しんでいます。

DVDを見せなくても、遊びながら単語を覚えられるところが
さすがベネッセ・・・と唸ってしまいました。

 

右の黄色いマイクは、自分が歌った歌を録音して再生できるのですが
はぴこが歌ったHappy Birthday to youを何度も再生するという
羞恥プレイをやられましたが・・・
まぁ、楽しそうに使っております。

 

歌の吸収力が半端ない!!

ディズニー英語の歌も、耳に残りやすい歌が多いのですが
こどもちゃれんじEnglishの歌は、耳に残りやすいのはもちろんのこと、
子供が真似して歌いやすい歌が多いなと思います。

例えば、初めて届いたDVDを2~3回見せたくらいの時に
突然、兄くんがはぴこに向かって

Do you want this one?♪

と、DVDの中の歌を歌って問いかけてきたんです。
え?もう覚えたんだ!と思い、その続き

Yes, please!

と歌ってあげたところ、嬉しそうにさらに続けて歌ってくれました。

こんな風に掛け合う感じの歌は、DWEにはないため
単調な繰り返しだけど、やり取りができて非常に新鮮でした。

歌のリズムもよく、またDVDの映像もコミカルで
しまじろうとEnglishだけのキャラクターのビーピーが
楽しそうにやり取りしているから、覚えやすいんでしょうね。

歌の時じゃなくても、例えばはぴこが日本語で声かけると

「はいどうぞ。」⇒「ありがとう。」

という風に、日本語で返すのですが、
ここを英語でやってみたところ

「Here you are.」⇒「Thank you!」

と返せたので、しっかり英語と日本語で区別がつけられて
身についているようです。

そのほかの歌も、口ずさみやすそうで時々歌っています。
こどもに吸収させるコツに関しては、やはりベネッセおそるべしです。

 



 

 

ここがイマイチだよ、こどもちゃれんじEnglish

上記のように大絶賛ではあるのですが
ここはちょっとイマイチだよね・・・ってところは、確かにあります。

 

ちょっと日本語が多いかな

元々、こどもちゃれんじからの派生であるためか
DVDの中でも、おもちゃの中でもやはり日本語が多いです。

しまじろう、意外と発音良くてびっくりなのですが
しまじろう自体が、日本語と英語を織り交ぜて話します。

えぇっと。I’m Shimajiro!

という感じで、前後に日本語が入ったり
おもちゃの中でも

いっしょに遊ぼう!おやつピースは入っているかな?

という風に、説明や導入は基本的に日本語です。

まぁ、普段日本語を話している年代だし
保育園や幼稚園では先生の指示は日本語で来るわけなので
日本語が多いのは仕方ないのでしょうが
もう少し、英語が多くても良いかなぁと感じます。

 

月によっておもちゃのクオリティが・・・

これは・・・仕方ないと思います。
仕方ないと思いますが、あえて言います。

月によって、おもちゃの質の差が激しい!!

今回はトーキーボードが来たけど、
次回はトーキーボード用のカード四枚だけ・・・とかね。

こどもちゃれんじEnglishは、2か月に1度の頻度で届くので
やっと届いた~!!って思って開けても
カード四枚だけだと、ちょっと切ないです。

まぁ、おもちゃのクオリティを高めるために
回によって差が出てしまうのは仕方ないことなのでしょうが・・・

出来れば、バランスよくおもちゃが届くとうれしいです。

 

 

どうしてWorldwide Kidsじゃないの?

ベネッセのAll Englishの教材Worldwide Kids

こどもちゃれんじEnglishと同じベネッセには
All EnglishのWorldwide Kidsがあります。

キャラクターのMimiがかわいいですよね。

 

【DWEユーザーが語る】私が幼児英語教育を始めた理由

2017.08.11

 

All Englishにこだわってたのに、なぜWorldwide Kidsじゃないのか?
という点ですが、
All Englishで耳を育てるためのDWEはすでに持っていたので
気軽に遊びながらアウトプットを増やすための教材ということで
今回はこどもちゃれんじEnglishを選びました。

価格も、こどもちゃれんじEnglishのほうが安いですしね。
あと、Worldwide Kidsは3歳までが対象なので。

Worldwide Kidsは、DWEを購入する際にAll English教材として
比較検討しました。

Mimiはかわいいし、おもちゃ教材が北欧っぽいおもちゃで
非常にかわいく心揺れたのですが
根っからのディズニー好きなため、DWEに軍配が上がった次第です。

でもWorldwide Kidsも素敵な教材で
資料請求した際のサンプルも豪華だったので、お勧めですよ。

 

 

さいごに

ベネッセは、こどもちゃれんじを通して、
かなりたくさんの子供達を知り尽くして教材を作っているので
年齢別に、非常に効果的な教材が届きます。

こどもちゃれんじEnglishをやる前から
兄くんは、保育園などでしまじろうの存在を知っていたので
本当にしまじろうの浸透力は凄まじいです。

また、こどもちゃれんじEnglishは、
すでにこどもちゃれんじを受講しているご家庭だと
割引が適用されるので、お得に利用できますよ♪

英語教育は気になるけど、高いお金はかけるほどでもないし
もっと気軽に始めたいって方には
非常にぴったりの教材だと思います。

おもちゃと連動して、本当にすぐにアウトプット出てきましたから。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

DWEとの併用は、どちらも飽きてしまわないように
配分を考えて見せています。

ただ、今週は週末にしまじろうの英語コンサートを見に行く予定なので
こどもちゃれんじEnglishの方を多めにする予定です♪

しまじろうの英語コンサートも、
こどもちゃれんじEnglishを受講していると先行予約できるので
人気らしいのですが、チケット取ることができました。

初めてのしまじろうのコンサートなので、楽しんできたいと思います♪

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です