レンズ

SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art到着!ファーストインプレッションを作例とともにちょこっとレビュー

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

前回の記事でも最後に書きましたが、8月27日に発売になったばかりのシグマの新しいEマウント用単焦点レンズ85mmF1.4 DG DN Artを購入しました!

シグマが新たにミラーレス専用設計を施して、これまでとは比べ物にならない位軽くコンパクトになったこちらのレンズ。

F1.4の明るさも踏まえて相当期待しておりました。

ということで、週末少しだけ写真撮ってきたので、とりあえずとって出し写真をつらつらと並べてファーストインプレッションをレビューしたいと思います!

はぴこ
はぴこ
このレンズ、比較的軽くてコンパクトでかなり良いですよ・・・
旅行に持っていくレンズはズームレンズ?単焦点レンズ?出来るなら・・・両方持っていきたい! こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 このブログ、Happy Traveler with Kids...

シグマのArtレンズ!85mm F1.4 DG DNレビュー

ミラーレス専用設計で小型軽量化されたけど画質に妥協無し

到着した85mmF1.4の箱を見て、まず第一声は

はぴこ
はぴこ
え!?ちっちゃっ

でした。だって、本当にコンパクト。シグマのレンズなのにコンパクトなんです(失礼)

今回購入した85mm F1.4 DG DNの詳細スペックは下記の通り。

マウント Eマウント用
焦点距離 85mm
F値 F1.4~F16
最短撮影距離 85cm
最大撮影倍率 0.12倍
サイズ φ82.8mm × 96.1mm
重さ 625g
価格 \106,920

625gをどう感じるかによるんでしょうが、最近重いレンズを使ってばかりだった私にとっては非常に軽く感じました。

だって、同じくF1.4の単焦点レンズであるSEL50F14Zは778gですし。

以前保有していたBatis85mmは475gと軽かったけど、明るさがF1.8とF1.4と違うので、そこはまぁ、F1.4の単焦点レンズとしては軽いなと感じています。

α7RⅢとZEISS Batis 85mm F1.8で撮る河津桜【作例レビュー】こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 今年は暖かくなるのが早く、まだ2月なのにだいぶ春めいてきました。 ...

 

箱を開けると、ポーチが入っていました。

シグマの良いところはどの価格帯のレンズであっても、このしっかりとしたレンズポーチが付いている点だと思います。

以前購入した、70mmマクロは5万円台の価格にも関わらずちゃんとポーチがついていました。

シグマのカミソリマクロ!70mmF2.8DG Macro for SONYが届きました!作例をちょっとだけレビュー こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 待望のソニーE-マウント向けに作られたシグマのカミソリマクロ...

ポーチつかうか?と言われると使いませんが、やっぱりポーチに入っている方が安心ですし、箱を開けた時の高揚感が違いますよね。

箱から出すと、大口径レンズらしく太目なボディのレンズが登場しました!

Artレンズなので、Aマークが輝いていますね。かっこいい。

シグマのレンズの金属的な質感は、高級感がありかなり好きな質感です。

ちなみにフィルター径は77mmです。

 

AF/MF切り替えスイッチやカスタムボタンがあるのは便利

見た目だけでなく、機能的にもしっかり作りこまれているなと感じられるのがこのボタン群。

AF/MF切り替えスイッチがレンズ側にあると、さっと切り替えられて便利ですし、AFLボタンはカスタム可能。

なので、私はSONYレンズと同じようにフォーカスロックボタンとして使用しています。

また、絞りのクリック感を変更できるOn/Offボタンがあるのも非常に便利。

私はクリック感ある方が好きですが、動画撮影の時とかはクリック感無くしてスムーズに変更できる方が良いですもんね。

反対側の側面には、絞りリングのロックスイッチもついています。

これを入れておけば、勝手に絞りリングが回ることもないので、地味に便利なスイッチ。

Artレンズらしく、撮影にしっかり追従するための機能がしっかりと備えられています。

カメラボディに付けるとこんな感じ。

F1.4の大口径レンズなので、それなりに太さがありますが、バランスとしてはそんなに悪くない感じで、ホールド感も良いですね。

シグマ社長大絶賛のフードを付けたらこんな感じ。

フードを付けると大きく存在感が増してしまうので、私はたぶんフードは付けずに使用すると思います。

ということで、外観のレビューはこれくらいにして、実際に撮った写真を少しだけ載せておきたいと思います。

いずれもカメラボディはα7RⅣ。特にLightroomでの編集は行わずとって出しです。

α7RIVとSigma85mmで撮影した写真をちょっとだけ

ボディ内レンズ補正をONすることを忘れずに・・・!

撮影を開始する前に1つ注意しておくべき点が、ボディ内レンズ補正をONすることです。

というのも、今回のシグマの85mmはカメラ側のレンズ補正が入ることを見越したレンズ設計になっていて、それでコンパクトさと軽さを実現しています。

なので、レンズ補正をオフ状態で使用すると、上の写真左側のようにレンズ周辺部の湾曲が大きく出てしまって、なんじゃこりゃっ!ってなります。

私は普段レンズ補正をオフにして使用しているのでびっくりしました。

カメラ側のMENU⇒画質画像サイズ2⇒レンズ補正を選択して、【レンズ補正オート】に設定してから撮影しましょう。

レンズ補正オートをONにすると右の写真のように湾曲が軽減されるので安心ですよ。

 

コンパクトなボディは街中でスナップするのにも最適

ということで、早速週末にちょっとだけお出かけしたのでスナップとってみました。

普段街中でスナップ撮影することないので、まぁ、とりあえず目についたものをささッと。

ころころ転がってきたコーヒーの空き缶も、85mmで撮るとなんだか意味ありげに。

F1.4の大口径レンズだからこその立体感を感じることができます。

レンズ補正をオートにしておけば、変な歪や湾曲も感じずに綺麗に補正されていることが感じられますね。すごい。

AFのスピードも、特に不満なく快適に使用できました。

颯爽と駆け抜ける自転車にピントを合わせてもしっかり追従してくれて気持ちいい。

ボケの雰囲気も柔らかく、前ボケ後ろボケともにうるささは感じないかなぁ。

なだらかにボケる感じが綺麗だなと思います。

さすがに85mmという焦点距離はテーブルフォトにはちょっと長すぎる傾向がありますが、それでもこのピント面の薄さは気持ちが良い。

F3.2くらいまで絞ってやれば、しっかり撮りたいものがはっきりわかって、とても美味しそうに撮影できます。

F1.4でもF3.2でもピント面の解像感はカリっとあって、そこはやっぱりシグマらしいですね。

個人的にはガラスのような透明なものを撮った時の写りが結構好みです。

透き通る透明感の表現が綺麗と言いますか・・・非常に良いですね。

謎のオブジェも浮き上がる。後ろの玉ボケも綺麗。

たこ焼き・・・と見せかけて、こちらはシュークリームです。

 

やっぱり子供のポートレートに85mmは最適すぎるっ!

まぁ、85mmで何が撮りたいですか?と聞かれたら、私が迷わず答えるのはやっぱり我が家の子供たちの写真です。

そう、135mmだと少し離れた場所から撮らないとなかなか子供たちを捉えるのが難しいのですが、85mmだと適度な距離感で撮影できるのが本当に使いやすいんですよね。

憧れのFE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)購入しました!昼~夜景まで作例付きで1stレビューします こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 ちょうど一年前くらい。CP+直前に発表されて予約開始と同時に...

135mmの描写も非常に素晴らしくて、これはこれで絶対手放せない最高のレンズではあるのですが、やっぱり普段身近で子供を撮るのは85mmが私は使いやすい。

手にはおにぎりせんべい

お部屋にいながら、パッと撮っても、頭の後ろのホコリまでしっかりとらえる感じが素敵。

頭の上の方、赤紫っぽくなってて、パープルフリンジかな?と思ったのですが、たぶんテレビの赤い色が頭に反射してる影響だと思います。

これはボウケンイエローの決めポーズらしい

何よりもこの浮き上がる感じがたまりません・・・

望遠レンズでも望遠端で撮れば背景ボケは実現できますが、適度な距離感、85mmの焦点距離でこのボケ感が得られるのはやっぱり嬉しい。

隠してしまっててわかりませんが、もちろん瞳AFで瞳にびしっとピント来てます。

子供と程よい距離感で、背景をぼかしたポートレート的に撮れるのはやっぱり良いですよね。

その点でも、軽い85mmの単焦点レンズは私にとってはやはり必須だったということで。

この後、母に足をぺちんとされました

こんな日常間のあるお行儀悪い姿もぱぱっと残せるのがやっぱり良いなと思います。

やはり、子供との距離感や自分の立ち位置を考えると、まだまだ我が家には85mmが必要。

旅行中でもポートレート的に写真が撮りたいなら、軽くて大口径の85mm単焦点レンズは必須だなと改めて感じました。

コンパクトになったけどさすがArtレンズな描写です!

ミラーレス専用設計でコンパクトにした分、レンズの湾曲補正はボディに任せる。

これまでのシグマの設計思想では出てこないような思い切ったレンズが登場しました。

シグマのレンズは描写力は素晴らしいけど、重くて大きいのがネック・・・

というのがこれまでの通説でしたが、見事にそこを打ち破ってきたな!と感じます。

コンパクトになりつつも、描写はやっぱりシグマらしい妥協のなさで、ピント面の解像感はやっぱりさすがの一言です。

SONY Eマウントにとって、85mmという焦点距離は結構豊富にあり、かつどれも非常に素晴らしいレンズばかりでユーザーとしては嬉しい悩みを抱える焦点距離です。

そこに新たに殴り込んできたシグマの85mmF1.4というレンズ。

SONYのGMレンズとはまた違う思想で切り込んできたかなり優秀なレンズです。

SEL85mmF1.8にBatis85mm、SEL85F14GMとこのシグマの85mmF1.4。

どのレンズを選んでも間違いないくらい素晴らしいですが、軽さと明るさを両立させたいならシグマの85mmF1.4は最高の相棒になると思います!

 

はぴこ
はぴこ
Eマウントの85mmはアツイ・・・!!

 

長崎帰省とFE85mmF1.8とBatis 2/25と~2018年末~ こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 今日は2018年12月31日大みそか。今年も今日で最終日です...
カールツァイスのSONY用AFレンズBatis 1.8/85を購入しました!!【レビュー】 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 年始に、今年欲しいものをいろいろと並べていましたが、そのうち...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください