2019年夏・沖縄旅行

どこを撮影してもフォトジェニック!リッツ・カールトン沖縄が最高に美しい・・・【ホテル施設編】

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

お盆休みを利用して、今年は沖縄本島に旅行に行ってきました!

4年ぶりに訪れた沖縄本島。

子連れということもあり観光はほとんどせずにホテルの周辺で過ごすことが多かったのですが、ホテル自体が最高に素晴らしく居心地が良かったので全く不満がありませんでした。

宿泊したのは、名護市の高台に建つリッツ・カールトン沖縄

最高のホテルの最高の建物。朝に昼に夜にと、どの時間に撮影しても映える建物に、気づけばたくさん写真を撮ってしまっていました。

というわけで、本日は、お部屋に到着する前にリッツ・カールトン沖縄のエントランス・ロビーなど、時間により変わる美しい雰囲気を写真多めに紹介したいと思います!

4年前の沖縄旅行と今年で旅費を比較してみました!陸マイラー活動でマイルを貯めるってすごい! はいさい!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 このお盆休みは家族で沖縄・本島に遊びに来ています。 20...

リッツ・カールトン沖縄がどの時間帯も美しすぎる!

到着は夕方。夜の雰囲気が最高に美しい

大阪・伊丹を15時ちょっと前に出発する飛行機で那覇に向かい、そこからレンタカーに乗ってリッツカールトン沖縄に到着したのは、すでに19時過ぎ。

空港からレンタカー会社までも、レンタカー会社からの道中もスムーズに行きましたが、那覇空港からリッツカールトン沖縄までは1時間ほどかかります。

以前沖縄に来たときは、レンタカー借りるまでが非常に混雑して、レンタカー会社のバンに乗るまでも長蛇の列でしたが、今回はJGCのおかげで手荷物もスムーズに受け取ることができました。

はぴおさんは、行きのサクララウンジでビールを飲んだので、はぴこの運転で到着です。

19時過ぎ、太陽は沈み、だんだんと周辺が暗くなる中での到着だったので、ホテル自体はすでに夜の装いとなっていました。

暖色系の間接照明で彩られた館内は、非常に美しく落ち着いた印象です。

レセプション前のソファ席にて、チェックインの手続きを行いました。

子供達は、前日から旅行に行くことを楽しみにしていたので、ようやく待望のホテルへの到着に大喜びで、ロビー内をうろうろしています。

ちなみに、今回の宿泊はポイントを利用して宿泊。

マリオット系列のホテルにマリオットBonvoyポイントを使用して宿泊する場合、4泊分のポイントで5泊出来ます。なので、5連泊が断然お得なんですよ。

今年の夏休みは子連れ沖縄旅行♪リッツカールトン沖縄とJALで計画中の総費用は? こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です さて、関西は梅雨が明けていよいよ夏本番!! 学校も多くが休み...

お部屋に向かう渡り廊下で・・・

右側に見える場所は、鉄板焼きが楽しめるレストラン「喜瀬」です。

はぴこ
はぴこ
とても手が出せるレストランじゃないけど、いつか行ってみたい!

 

しっとりとした時間。暗闇に浮かぶ美しいオブジェの数々

一旦お部屋に荷物を置きに行き、少しして夕飯を食べるために一度外に出ることに。

到着時はまだ空はうっすらと明るい時間でしたが、この時間はすでに空は真っ暗となり、水辺に美しくライトアップされた旧喜瀬邸が反射していて、素晴らしい情景となっていました。

落ち着いた照明なので、夜の雰囲気が最高に美しい。

全部で97室しかないので、人も少なく、静かでゆったりと過ごすことができました。

エントランスからまっすぐ眺める景色が素晴らしい。

ちょうどセンターに、お椀のようなオブジェが目に入ります。

エントランス横にはソファーがあり、車や送迎を待つ時間、ここでのんびり過ごすことができますね。

天井が高く、風の通り道もあるので、とても気持ちよく過ごすことができる場所です。

 

 

昼間は夜のムーディーな雰囲気から一転。明るい美しさ

夜の雰囲気は、ムーディーな大人向けの空間という印象が強かったのですが、朝になると一転、水の音が気持ちいい、清々しいホテルの雰囲気を感じることができます。

エントランスを抜けた水辺から眺める、建物と青い空のコラボレーションが最高に気持ちいい!

夜は明かりが落ちて、しっとりした雰囲気だったけど、昼間は光がたくさん入る明るい気持ちの良いエントランス・ロビー。

チェックイン・チェックアウトの時間には、こちらでは荷物がたくさん並べられるのですが、広々としているのと、客室数が多くないこともあり、雑多な雰囲気にはならずに済んでいます。

エントランス・ロビーの横には、アフタヌーンティーやカクテルパーティーが開催されていたロビー・ラウンジがあります。

我が家も連泊特典で、アフタヌーンティーが無料になったので、こちらでアフタヌーンティーセットを楽しむことができました。

こちらのラウンジもとっても雰囲気が良くて素敵なんですよ。

客室に向かうときに良く通った渡り廊下。

台風が近づいていて風が強い日には、閉じられていましたが、通常は両サイドの窓が開いていて、心地よい南国の風が通り抜けていきます。

緑の林には、自然の生き物たちが生息しているようで、夜はカエル?虫?などの様々な声が聞こえてきて、自然と共存しているんだなと感じられる、そんな場所です。

そして、この渡り廊下から渡り廊下越しに海を臨む。

額縁効果がまたフォトジェニックですね。誰かあそこに立ってほしい!

さらに、またフォトジェニックなアジアンテイストのカウチ。

沖縄のリッツだけあって、アジアンテイストなインテリアが非常にマッチしますね。

 

チェックイン集中時間には沖縄民族衣装でお出迎えも

我が家は夜到着したので、少し人が少ない時間帯のチェックインとなりましたが、通常のチェックイン時間だと、エントランスは結構人も多くにぎわっています。

リッツ沖縄のパーキング料金は無料で、バレーでもセルフでも料金はかからないようです。

セルフのやり方がちょっとわからなかったで、毎回バレーを利用しました。

混んでる時間は車が到着するまでちょっと待つので、少し時間に余裕をもって行動した方がいいと思います。

昼間のチェックイン多い時間帯には、かわいらしい沖縄民族衣装をまとったお姉さんのお出迎えもありました!

お願いして写真を撮らせていただきましたが、笑顔がとってもキュート!

沖縄の着物は、帯を締めずに着るスタイルなんですね。とってもかわいいです。

エントランスから眺める昼間のオブジェ。

渡り廊下からもエントランスからも見える、絶妙なポイントにあります。

エントランスロビーの横には、5種類のフレーバーのリフレッシュメント・ウォーターがありました。

フレーバーは、パイナップル&ミントとかミックスベリーとか、スイカ&キューカンバーとか不思議な組み合わせのフレーバーが多かったです。

子供達がいつも車を回してもらう間にここでお水をいただいていました。

用意されているグラスは、カラフルな琉球ガラスのコップ。

歪な形がかわいいですが、子供に持たせるときに、ちょっとヒヤヒヤしていました。

だんだん、托鉢に見えてきた・・・

 

 

テラスエリアからの景色が最高に美しい。夕暮れもまた良し

ロビーやエントランスの他に、ゴルフ場と海を臨める気持ちの良いテラスがあり、ここから見る景色が最高に美しく気持ちがいいんです!

見ずに囲まれていて、まさに水の上に浮かんでいる気分になれます。

ロビー側からは、水辺設けられた橋を渡ってこちらのテラスに来ることができます。

手すりなどはないので、小さなお子さん連れの方は、落ちないように注意が必要ですね。

とは言え、こんな素敵な場所、子供たちにとっては格好の遊び場です。

夕暮れ、日が傾きかけた時間にも行ったのですが、子供たちは景色そっちのけで、渡り橋やテラスの上を走り回っていました。

テラス自体は結構広めなので、ここを子供たちは良く走り回っていました。

我が家が到着した時は、うちの子達だけでしたが、その後ほかの子達もやってきて一緒に楽しそうに駆け回っていました。

雰囲気の良いホテルなのに・・・申し訳ありません。

兄くんもとっても楽しそう。

こんな素敵な場所で走り回れたら、そりゃ楽しくて仕方ないですよね。

しゃきーーーん!!っとポーズを決めているわけではなく、空の月を指さして

弟くん
弟くん
おちゅきしゃま、いるーーーー!!

と言っている弟くんです。お月さま見えるねー。

ひとしきり暴れたら、水辺でちょっとクールダウン。

子供達も子の素敵な空間を思う存分、堪能してくれた模様です。

最高に美しい。水と緑と海のコントラストが素晴らしい

今回はエントランスやロビーの写真をメインで紹介しただけとなりましたが・・・

いつ、どこをとっても非常に美しくて、思わずたくさん写真を撮ってしまいました。

そのたくさん撮った写真をどうしても紹介したくて、自己満記事になってしまいました。

いや、本当に美しく、フォトジェニックな建物なんですよね・・・

この最高に美しいホテルに無料で5泊も宿泊出来たのはやっぱりすごいなと改めて感じました。

はぴこ
はぴこ
次回は実際に宿泊したお部屋を紹介したいと思います!
格安ホテルしか選べなかった私が、高級ホテルにお得に泊まっている理由とは!? こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 2019年は旅行をたくさんしよう!!と思い、今年はいろいろな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください