カメラ

SONYの次世代高画素機!α7RⅣが発表に!!α7RⅢからどう進化したのか比較してみました

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

SONYからなんと!!新しいフルサイズミラーレス一眼カメラα7RⅣが発表されました!

現行モデルのα7RⅢが発売されたのが2017年11月末。

そこからまだ2年経ってない中での発表です。

はぴこ
はぴこ
これには正直びっくり。

というか前情報ではα9シリーズの後継機が出るという噂だったので、まさか高画素シリーズであるα7Rシリーズの後継機種が出てくるとは思っていませんでした。

私のメインカメラであるα7RⅢの後継機種ということもあり、めちゃめちゃ気になっています。

ということで、さっそく発表されたα7RⅣについて調べてみました。

 

 

 

2019年9月発売!SONY α7RⅣ(DSC-7RM4)が発表!

まずは外観ビュー。これまでのα7Rシリーズとほぼ同型

それでは気になる外観を見てみましょう!黒バックでα7RⅣ登場!

これまでのR機と同様に、正面からはⅢなのかⅣなのかわからない見た目です。

少し斜めから。やはり、見た目はこれまでの機種とほぼ同じですね。

上部から。ようやく左側にα7RⅣの文字が見えます。

噂ではダイヤルが増えたとの話もありましたが、上部の配置はこれまでと変わらないかな?

三軸チルト液晶は残念ながら採用ならず。これまで通り上下方向へのチルトです。

あれ。マルチセレクターのボタン形状がぶつぶつ仕様になっていますね。

よりグリップしやすい感じでしょうか。

もちろん、α7RⅣもデュアルスロット仕様です。両方ともにUHS-IIに対応!

これで、スロット2にデータ書き込み速度が依存する問題解決ですね。

α7RⅢであった、スロット1,2の上下が逆問題は解消されていることを祈ります。

見た目は正直、α7RⅢと比較して大きな変更はないような気がしますね。

 

画素数が6100万画素に!さらに高画素化!

α7RⅣの大きな特徴として、6100万画素という超高画素のセンサーを搭載している点です。

α7RⅢの4200万画素から2000万画素もUPしちゃいました。

これだけの画素数があると、APS-Cモードにクロップしても2620万画素もあるので、現行のα6500などよりも画素数が多く、APS-Cにしても解像感は損なわれない強さがあります。

その分ファイルサイズが大きそうなので、PCやHDDのスペックも大切になってきますが・・・

いや・・ほんと凄いですね。どれほどの解像感のある写真が撮れるのか・・・

瞳AFも強化され、リアルタイムトラッキング×AIで更に精度が高くなりました。

そして、待望の動画撮影時のリアルタイム瞳AFも搭載!

動画撮影者にとっては嬉しいですね。しっかり進化してきました。すごい。

 

気になるスペックをα7RⅢとα7Ⅲと比較!

実際に、現行モデルであるα7RⅢおよびα7Ⅲとスペックの上での進化を比較してみました!

α7RⅣ α7RⅢ α7Ⅲ
センサー 裏面照射型CMOSセンサー 裏面照射型CMOSセンサー 裏面照射型CMOSセンサー
画素数 6100万画素 4230万画素 2420万画素
撮影感度 ISO50~102400 ISO50~204800
連写性能 最高10コマ/秒
68コマ(ブースト)
最大10コマ 最大10コマ
シャッタースピード 1/8000~30 秒 1/8000~30 秒
液晶モニター 3インチ
144万ドット
3インチ
92.16万ドット
ファインダー 576万dot UXGA OLED View Finder Quad-VGA OLED Tru-Finder XGA OLED Tru-Finder
動画性能 4K S-Log2/3
Real time 瞳AF
4K 30fps 4K 30fps
AFセンサー測距点 567点
(位相差検出方式)
399点
(位相差検出方式)
693点
(位相差検出方式)
撮影可能枚数 ファインダー使用時:530枚
液晶モニタ使用時:670枚
ファインダー使用時:530枚
液晶モニタ使用時:650枚
ファインダー使用時:610枚
液晶モニタ使用時:710枚
重量 665g 657 g 650 g
サイズ 128.9×96.4×77.5
mm
126.9×95.6×73.7 mm 126.9×95.6×73.7 mm
価格(2019年7月) 3500ドル
(40万くらい?)
約\270,000 約\190,000

画素数がやっぱり大きく変わっていますね。

α7RⅢが今最安値で30万を切ってきていますが、売り出し当初は40万円付近の値段だったので、α7RⅣも同等の価格帯で売り出しかかりそうな感じですね。

個人的には40万切ってくれたらいいのになーとは思いますが、そこは仕方ないでしょうか。

α7RⅣが発売になることで、現行モデルのα7RⅢがさらなる値下がりが起きそうなので、もうほんとα7Ⅲとあまり価格差がない状態になりそう。

買ったときの値段を考えるとへこみますが、これまでに撮ってきた写真はプライスレスですからね・・・そう自分を励まして頑張りたいと思います。

 

発売日は9月6日に決定!7月23日(火)10時より予約開始!

日本での発売日が2019年9月6日に決定しました!

発売に先立ち、7月23日(火)10時よりソニーストアで予約開始です。

発売日当日に手に入れたいなら、ぜひ予約購入をおススメします!

価格は現在のところオープン価格。ソニーストアで購入すると10%OFFで購入できますよ!

 

 

高画素フラッグシップ機の貫禄そのままに大幅進化!

というわけで、発売が発表されたばかりのα7RⅣの情報でした!

まだ発表されたばかりなので不明な点も多いですが、情報が入り次第追加していきます。

そしてα7RⅢ使いの私が、次機種をどうするか?という点ですが・・・

はぴこ
はぴこ
正直、今使用しているα7RⅢに不満がありません。

1年半使ってきて、だいぶ自分の好きに使えるようになってきましたし、撮れる写真も好みですし高感度耐性も申し分ありませんからね。

まだ購入して1年半ですし、次の機種が出るからと言ってすぐに買い替えるか?という点は悩ましいところです。(そもそも発売されてから1年半)

新センサー搭載カメラが出たということで、ずっと待ち望んでいるRX1RM2の後継機種の発表が近づいてきたかも?という気持ちもあります。

できればRX1RM3が欲しい。

RX1RM3、α7RⅣと同じセンサーが乗るとしたら6100万画素ですよね。

果たしてそこまでの画素数必要なのか?と言われるとちょっとわかりませんが、とりあえずα7RⅣの発売当初は様子見しようかなとは思っています。

はぴこ
はぴこ
来年のオリンピックに向けて、この1年で各社いろいろなカメラの発表がありそうで楽しみですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください