飛行機・陸マイラー

JAL特典航空券PLUS導入間近!必要マイル数が注目されるけど発券手数料増加と変更不可が大打撃!!

こんにちは。はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

我が家のようにJALマイルをメインに貯めているJALマイラーにとって、もうすぐ大きな改変があるのご存知ですか?

そう、2018年12月4日からJAL国際線特典航空券PLUSの導入が始まります。

あなた
あなた
知ってる!マイル追加すれば特典航空券が取りやすくなるんでしょ?

確かに、JALのHPではそんな感じで記載されていますが、ホノルル行きの最大マイル数が基本の2万マイルから5倍以上の10万7000マイルと、誰がそれ取れるの?というような天文学的な数字が表示されています。

特典航空券が取りやすくなるのか・・・マイル長者だけが得するシステムなのか・・・

また、必要マイル数以外の改変も結構痛くて、そちらもかなり注目です。
何がどんな風に痛手になるのか・・・JALに直接問い合わせた結果も含めてまとめてみたいと思います!

JAL特典航空券PLUS導入で何が変わる?

確かにマイル利用の特典航空券の枠が実質上無くなります!

JALの新しい国際線特典航空券のシステムであるPLUSの導入により、一番大きく変わる点が、特典航空券の座席枠が実質上無くなる点だと思います。

これまで、たとえば日本‐ホノルル線の特典航空券枠は、だいたい

  • エコノミー 4枠
  • プレミアム・エコノミー 2枠
  • ビジネスクラス 2枠

と枠が決まっており、その争奪戦に敗れた場合はキャンセル待ちをして、キャンセル席が落ちてくるのを待つか特典航空券を諦めて普通にチケットを購入するかの2択でした。

直前になって、特典航空枠が広がることもありますが、基本的に330日前に確認すると上記の枠数です。

そのため、繁忙期など需要が集中する時期で確保するのは、実質不可能に近く、閑散期でも家族4人分を確保しようとすると、相当な労力が必要でした。

はぴこ
はぴこ
ハワイに行くためにマイル貯めてるんだけど、特典航空券取れない!

そんな風に思っている方も多いと思います。

しかし、PLUS導入後は、基本マイル数の特典枠が無くなっても、さらにマイルを上乗せすれば、特典航空券を利用できるようになるため、実質特典枠の廃止になったと言えます。

詳しい必要マイル数については、下記JALのHPを参照してください。

ただ、ファーストクラスに関しては、このPLUSは導入されないためこれまで通りのルールで運用されます。

マイルをたくさん貯めたら、特典航空券が取れる!というのは、マイラーにとってはありがたいのかもしれません。でも、そんなにたくさんマイル貯められるか不安・・・って人は、一応私のマイルの貯め方を参照ください!

 

 

 

これまでよりも基本マイル数が減る路線もあります

また、今回のPLUS導入により、基本マイル数が減少する路線もあります。
マイル数が減少する路線は下記路線です。

PLUS導入前 PLUS導入後
日本→シンガポール 17,500 12,000
日本→ホーチミンシティ 17,500 13,000
日本→フランクフルト 27,500 23,000

特に、日本からシンガポールに旅行する人は多いので、これはうれしい変更かもしれませんね!

はぴこ
はぴこ
まぁ、どの路線も関空からの直行便出てませんけどね!!

 

 

必要マイル数を見るとe-JALポイント利用が良い場合も出てきます

あなた
あなた
そうはいっても、そんなに必要マイルが上がるとマイルが足りなくて取れないよ~!!

そうですよね。

ホノルル便の片道が、これまで2万マイルで取れていたものが、最大10万マイル必要とか言われても、そんなにマイル貯められないし、そもそもそれってお得なの?って話になると思います。

実際、繁忙期のGWやお盆休み、お正月のチケットを330日前に取ろうとした場合、これまでの傾向を見てみると、エコノミー席でも片道10万円くらいで発売開始されることが多いです。

往復で20万円ですね。

この時特典枠の必要マイル数が10万マイルになっていたら絶対にマイルで取るのは勿体ない!

10万マイルをJALの航空券が購入可能なe-JALポイントに交換すると、1.5倍で交換できるので、15万円分のポイントになります

これなら、絶対e-JALポイントに交換して取った方がお得です。

また、特典航空券利用の場合は、搭乗実績にならないしマイルも貯まりませんが、e-JALポイント利用ならどちらも加算されるので、マイルを貯める意味でも断然e-JALポイント利用です!

はぴこ
はぴこ
これからは、特典航空券の必要マイル数と、有償チケットの価格とe-JALポイントの関係で、特典にするか有償チケットにするかを考える必要が出てきますよ!

ポイントサイト活用してマイルを貯めている人は、マイルに交換するよりもポイントを現金化した方がお得な場合も出てくるので、よーくよーく考えてマイルにするかどうかを判断してください!!

ちなみにe-JALポイントは、オンラインでの新規航空券購入時のチケット料金や税金支払いに利用できますが、国際線の特典航空券利用時の税金や手数料の支払いには利用できません。ご注意ください。

 

 

マイル数の変化だけではない!今回の改変で変わることとは?

今回の新システムPLUSの導入で、必要マイル数の増加が一番話題に上がっていますが、実はその他の項目もいろいろと変更になっています。

特に、私がこれは痛いな・・・と思った点について、ピックアップしてみました。

 

予約変更が出来ない!都度3100円のキャンセル料がかかります。

まず大きな変更としては、これまで可能だった予約の変更が不可になりました。

これまでは、往路は発券から1年以内の日程であれば変更可能復路は旅行開始から1年以内ならいつでも変更可能でした。

しかし、PLUS導入後は変更が不可になるため、日程変更を行いたい場合はキャンセルする必要があります。

キャンセルする場合は、キャンセル料3100円が必要になります。

これまで、日程はフィックス出来ていないけどとりあえず確保しておくか・・・と予約出来ていたものが、変更が出来ずにキャンセル料が必要となるため、余裕を見て確保することが難しくなってしまいますね。

また、旅行に出発したものの、予定が変わって復路の日程を変更したい!という場合もキャンセルして新たに取りなおす必要が出てきます。

PLUS導入のおかげで、特典航空券枠が広がったので、マイルさえあれば特典航空券取れますよ?ってことなのでしょうが、追加のマイルが必要になるでしょうし、なかなか厳しい内容かなと思います。

 

12月19日以降電話での発券手数料が増額!2160円→5400円に!

これはPLUS導入と同時ではありませんが、同時期の変更として19日以降、電話での発券手数料が変更になります。

これまで2,160円だった発券手数料が5,400円と大幅増額に!!

はぴこ
はぴこ
これは・・・家族連れで発券する人にとっては大きな痛手・・・

この発券手数料、1人分ずつかかるため、家族4人分発券する場合は
5,400円×4席分=21,600円必要になります。

もちろん、片道ずつ電話で発券した場合は、その都度かかるため
往復で21,600円×2回=43,200円とかなり高額の発券手数料がかかってしまうんです。

オンライン発券時はこれまで通り手数料は発生しませんが、電話を利用しての発券のハードルがさらに上がりますよね。

これまで、特典航空券を確保するために電話とオンラインと両方でチャレンジしている方も多かったと思いますが、そういう人を減らすためにも、この値上がりなのでしょうが・・・特典航空券のお得感が薄れてしまいますね。

まぁ、そんなことしなくてもPLUS導入して枠広げたからマイル貯めて取ってね?ってことなのでしょうか…

 

ワンワールド特典航空券は電話でしか発券できない!発券手数料が必ずかかります!

でも、オンラインは無料なんだしオンラインで取れば良いだけでは?

そう思われるかもしれませんが、実はオンラインでは発券できない券種があります。

それは、ワンワールド特典航空券です。

ワンワールド特典航空券とは、JALが所属しているワンワールド系列の航空会社を組み合わせて旅程を組む際に利用できる特典航空券になります。

JALの直行便が出ている路線では不要ですが、たとえば関空からオーランドに行く場合に

  • 関空→ロサンゼルス・・・JAL利用
  • ロサンゼルス→オーランド・・・アメリカン航空利用

というように、ワンワールドの飛行機を乗り継いで利用する際に発券できる特典航空券です。

この場合、航空会社をまたがる発券になるため複雑になるためか、オンラインでは発券できません。電話でのみ発券可能な特典航空券になるんです。

一応、もしかしたら12月からオンラインで発券可能になるのか?と思ってJALに問い合わせしたのですが

JAL
JAL
現状、12月からも電話での対応のみで、発券手数料が必要になってしまいます。

との回答をいただきました。
というわけで、ワンワールド特典航空券を発券する予定の方は、1人5,400円の発券手数料が必ず必要になるので、注意が必要です。

電話でしか発券できないのであれば、手数料免除してくれても良いのでは・・・

と思う気持ちも少なからずありますが、ここはもうシステムの都合上仕方ないのかもしれませんね。

JMB提携特典航空券はオンラインで330日前から予約可能なので、提携便利用時には問題ありません。JMB提携特典航空券もすべての航空会社が330日前から予約可能なわけではなさそうですけどね。

 

 

その他にもこんな変更が・・・

その他にも下記のような変更がPLUS導入と同時に行われます。

特典航空券のキャンセル待ち不可(ファーストクラスは可)

PLUS導入で、マイルを上乗せすれば特典航空券が確保できるようになるため、キャンセル待ちが利用できなくなりました。

キャンセル待ちをせずに、マイルを追加してすぐに日程を確定できるメリットはありますが、少ないマイル数で利用したい人にとっては、痛手になると思います。

ただ、ファーストクラスはPLUS導入されないため、これまで通りキャンセル待ちが可能です。

 

ファーストクラスとの組み合わせ発券不可

たとえば往復の特典航空券を発券した場合、往路をビジネス、復路をファーストなどの組み合わせが出来ましたが、これからは、ファーストクラスを組み合わせた発券はできなくなります。

ただ、この場合は往路と復路を別々で発券すれば対応できるので往復で分ける場合は問題ありません。

注意すべき点は、乗り継ぎ便利用時に、前半をエコノミー、後半をファーストで利用する等はできなくなってしまうため、乗り継ぎ便利用の際は気を付けてください。

 

クラス替え時にキャンセル料が発生

これまでは、たとえばエコノミーで特典航空券を取っていたけどビジネスの特典航空券に変更したい!という場合は、手数料はかからずに変更可能でした。

しかし、PLUS導入後はエコノミーをキャンセルしてビジネスの特典航空券を新たに取るという形になるため、キャンセル料の3100円が必要になりますので、注意してください。

 

有効期限は予約便にのみ有効

また、日程の変更が不可能になったということで、これまで旅行開始日から1年あった有効期限が廃止され予約便のみ有効となります。

どれもPLUS導入に関連した変更になりますので、気をつけて利用する必要がありますね!

今から1年以内に旅行計画がある人は12月4日までに発券を!

以上のようなことが、12月4日から(発券手数料は19日から)導入される予定です。
12月3日まではこれまでと同様のルールが適用されています。

ということは、12月3日までに発券したチケットであれば、12月4日以降もこれまでのルールが適応されるんです。

たとえば、1年以内に旅行予定だけど、まだ330日以上前で発券できないんだよね・・・って人は、12月3日までに発券さえしておけば、日程変更も可能ですし、手数料も少なく済みます。

とはいえ、発券しておいても変更できない可能性もあるため注意が必要ですが、そこも見極めて、少ないマイル数で確保したい!!と考えている人は発券しておいても良いのかもしれませんね。

はぴこ
はぴこ
自己判断になってしまいますが、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

しかし、今回のPLUSの導入。
明らかにマイルを多く貯めているマイル長者が得をする改変です。

JALの特典航空券を確実に利用したいのなら、しっかりマイルを貯めてくださいね?ってことなのでしょうが、枠が無くなったのは良いけれど、一気に必要マイルが跳ね上がるようだったら、だれも使えないシステムになってしまいそう。

とりあえず、e-JALポイントへの換金も含めて、私達JALマイラーは頑張ってJALマイルの残高を増やしてチャレンジしていくしか無いのかなと思っています。

はぴこ
はぴこ
これからますます、マイルを貯めていく必要がありそうですね!

 

POSTED COMMENT

  1. おが より:

    こんばんは。

    ついに、plusが開始されましたね。
    で、どうなったか、自分が発券した特典航空券で比較しました。

    その1(三連休絡み)
    成田・ホノルル
    行き エコノミー
    帰り プレミアムエコノミー
    改定前 1人50,000マイル
    改定後(昨日付) 1人80,500マイル

    その2(シルバーウィーク)
    成田・ホノルル
    行き エコノミー
    帰り エコノミー
    改定前 1人40,000マイル
    改定後(昨日付) 1人68,000マイル

    その3(三連休絡み)
    成田・シンガポール
    行き エコノミー
    帰り エコノミー
    改定前 1人35,000マイル
    改定後(本日付) 1人32,000マイル

    こうしてみると、マイルインフレですねぇ。シンガポールも、三連休が絡むからか思ったより下がりませんでしたね。シンガポールは、行きを羽田発にするとさらに6,000マイル追加になってしまいます。

    先の日程ならこうなるのですが、直前の出発ならどうでしょう?

    我が家は、今後、マイル消費を国内線特典航空券か国際線アップグレード特典に切り替えることになりそうです。

    • はぴこ より:

      >おがさん

      とうとう始まりましたね!
      インフレ・・・ってますねぇ。
      でも、特典無い日にちに特典で取れるようになったと考えたら
      枠が広がったのでしょうが、それでもやはりつらい・・・
      ハワイのエコノミー、繁忙期は3倍とかですから、もうほんと高値の花です^^;
      他で使うのが一番なのかなぁって感じですかね。難しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください