カメラ関連グッズ

新しいカメラバッグが欲しいー可愛くてカメラが取り出しやすい素敵なバッグを求めてー

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。

皆さん、もしかしたらうすうす気づいてしまっているかもしれませんが
実は私、結構物欲がすごいです。えぇ。大魔王並みに

と言うことで、最近ずっと欲しいと思っていたのですが
新しいカメラバッグについて、欲しい気持ちをつらつらと書いてみようかと思います。
今まであまり「欲しい」ということをブログには書いてきていなかったのですが
時にはこんなブログも良いかなと思ってトライしてみます!




新しいカメラバッグが欲しいんです

そもそもカメラバッグって必要なの?

まず、そもそも論なのですが、本当にカメラバッグって必要でしょうか?
女性の方なら特に思うかもしれませんが、カメラを持ち歩きたいからと言って、
機能性重視でデザインが気に入らないバッグ持ちたくないですよね。

X100FやX-E3などの小型なカメラであれば、たぶんカメラバッグという名目のバッグを買うよりは
小型なポーチを購入して、普段のバッグに入れて持ち歩けますよね。
実際、私もX-E3の時はキャンペーンで頂いたこちらのポーチを利用しています。

あわせて読みたい
X-E3発売記念キャンペーンのXシリーズとARTISAN&ARTIST*のコラボポーチがカッコ可愛い!! こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 年末に購入した富士フイルムのX-E3。 9月末に発売になっ...

X-E3のキャンペーンで貰ったポーチなので、レンズも含めてピッタリ収まり気持ちいい。
X100FにはX70を購入した際に選んだ、こちらのポーチを活用中。

小さく持ち運べるので、結構便利です。
デザインは・・・あまり好みではないですけどね(笑)

だけど、小さいカメラならこんな風にそれぞれポーチに入れて通常のバッグに入れれば
それでOKなのですが、例えば複数台持ち歩きたいとか
レンズが大きいα7RⅢを持ち歩きたいとか、そういう時はこのポーチ作戦は
あまり使えなくなってしまいます。

 

 

普段のバッグ+インナーポーチという手もあるよ?

複数台持ちたいとか、大き目のカメラを持ち歩きたいとか
そんな風に思ったとき、カメラバッグを買いたくなると思いますが
それでも気に入るデザインのものがあるとは限りません。
そんな時は、普段使いのバッグにインナーケースを入れて使う!という手もあります。

インナーケースというのはこんな感じのクッション素材のポーチです。

こちらは私が普段使っているHAKUBAのもの。
使用しない時は折りたたんでおけるので、場所も取らなくて非常に便利。
このインナーケースを、普段使用しているママバッグに入れて使ったりしています。
私のママバッグはこちらのバッグ。

マザーズバッグの分類なのですが、実はそれほど容量ありません。

ただ、この方法だと、普段使いのバッグの耐久性にも寄りますし
専用に作られたわけではないので、カメラの重さがダイレクトに肩に来ます
また、インナーケース+カメラを入れるとそれだけでバッグの中がいっぱいになって
財布とかそのほかのものが入れられなくなることもあり。

はぴこ
はぴこ
結局はやっぱり専用バッグが欲しい!ってなっちゃいました




今使っているカメラバッグの不満点をあげてみる

今使っている斜め掛けはカメラが取り出しやすいけど・・・

じゃあ、今現在カメラバッグを持っていないのか?というとそういうわけではなくて
いくつかカメラバッグ、所有しております。

一番長く使っていて便利だと感じているのが、こちらのポーターのバッグ。
たぶん、2012年くらいに購入したと思います。
NIKON×Poterのコラボバッグで、キヤノン使いのくせに購入しました。

今はもうちょっと小ぶりなタイプがあるようです。

このバッグの良いところは、バッグ上部がガバっと開くところ。

インナーの真っ赤な色がまぶしいですが、ガバっと開くことが出来るので
大き目のカメラでも、すっと取り出しやすくて気に入って使っていました。
2012年から使ってるから、もう6年ぐらい使ってるんですね。

ただ、こちらのバッグにも不満はありまして

  • デザインがそんなに気に入っていない。あまりかわいくない。
  • 開ける際に、面ファスナーのバリ!って音が嫌。
  • 大きいカメラだとファスナーにカメラが当たるのが気になる。
  • ポケット類が、劇的に使いにくい

 

という点が不満ポイントです。
特にポケットが使いにくいのと、カメラがファスナーに当たるのが嫌ですね。
後、蓋がファスナーと面ファスナーで止めてあって、
この面ファスナーをべり!って開ける音がちょっと恥ずかしいです。

斜め掛けなので、使いたいときにさっと前に持ってきて取り出しやすいですし
大きく開くので、中を見やすい点は好きなんですけどね。

はぴこ
はぴこ
長年使ってることもあって、使い勝手は良かったと思います。

 

リュックタイプは容量たくさんで軽快に持ち歩けるけど・・・

もう一つ、カメラやレンズをたくさん持ち歩きたいとか
他の荷物もたくさん運びたいときは、こちらのリュックタイプのカメラバッグを使用しています。

このカメラバッグは、以前ブログでもレビューしました。

あわせて読みたい
ママにおすすめ!K&F Conceptのカメラリュックが軽くて可愛すぎない可愛さで収納力も抜群!【レビュー】 こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。 先日、大阪海遊館にα7RⅢとX-E3を2台持ちしていった際 ...

お値段もお手頃価格ですし、容量もたくさん入ります。
デザインも、30代後半ママ世代の私が持っていても違和感のないデザインで
飽きのない感じで気に入ってはいます。

リュックタイプなので、背負うとたくさん入れても軽く感じれますし
何よりも、両手が空くのが嬉しいですね。
石垣島への旅行の時は、こちらのリュックに機材入れて挑みました。

で、実際旅行に持って行ってみて気づいた不満点として

  • リュックタイプは手が空くけどカメラが取り出しにくい
  • 荷物入るけど、子供のものはそもそもそれほど入らない
  • たくさん入るからと入れ過ぎて、結局重くなって肩凝る

 

というような点が出てきてしまいました。
特に、カメラが取り出しにくいって言うのが結構致命的ですね。
取り出しやすいように、バッグの横に取り出せる窓が付いてはいますが、

  1. カメラを取り出すために、抱っこしていた子供たちを一旦降ろす
  2. リュックの肩ベルトを片方外す
  3. バッグ横の取り出し口を開ける
  4. 狭い取り出し口からカメラを取り出す

 

という一連の行為が、結構面倒でした。
特に子供を追いかけている時とか、抱っこしている時は不可能ですね。

はぴこ
はぴこ
やはり斜め掛けバッグの取り出しやすさが一番だなと思います。




そんな私が気になるバッグとは!?

ショルダーカメラバッグ 「ミニボノ」 – kisou

そんな今持っているカメラバッグ達に不満を持っている私が
今一番気になるカメラバッグが、こちらのバッグ。
Acruのショルダーカメラバッグの「ミニボノ」です。
今は、お店の名前が変わって、kisouという店名になっているようですね。

こちらのバッグ、以前COLA BLOGさんがカメラバッグを紹介している中で
このカフェオレカラーのミニボノを紹介されてて、めっちゃ可愛くて気になってしまいました。
めっちゃ可愛いし、使い勝手も良さそうだし、とにかくかわいいし。

ちなみにCOLA BLOGのシュンスケさんは、こちらのONAのバッグを愛用されています。

ONAのバッグもカッコいいですね。

革製のカメラバッグ、扱いが難しそうだし、何よりも重そうなので
ちょっと手を出せないな~とずっと思っていましたが
カフェオレカラーのミニボノが気になって気になって仕方なくなってきました

でも、やはり実物見ないで購入するのはちょっと怖いですよね・・・
お値段も高いですし、うん。でも気になる・・・

はぴこ
はぴこ
私は気になったら猪突猛進型です




さいごに

てことで、新しいカメラバッグ、ミニボノに一目ぼれしてめっちゃ気になってしまいました。
気になってしまったけど、やはり高い買い物ですし
なかなか実物を見ずに買うのって、勇気がいりますよね。

実は、こちらのkisouというお店、以前はAcruという名前で心斎橋に店舗を構えていたのですが
現在は、心斎橋から移転して池田市に新たにお店をもったそうです。
そう、大阪のお店なんですよね。

池田市と言えば、大好き伊丹空港のすぐお隣
てことは、行こうと思えば行ける範囲・・・
そりゃ心斎橋の方が、断然行きやすい場所ではありますが池田でも行ける。

と言うことで、先日実際にkisouさんにお邪魔して実物のミニボノを見てきました!
実際に、お店で見た感じと、新しい旧Acruさんのお店について
次回、レポートしたいと思います!

 

 

続きはこちら

Acruこと卉奏さんで実際に気になるミニボノを見てきました!

あわせて読みたい
Acru改め卉奏(キソウ)の新しい店舗にお邪魔してきましたこんにちは!はぴこです。 前回、新しいカメラバッグが欲しいなという記事を書きました。 >>新しいカメラバッグが欲しいー可...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください