羽田空港の国内線サクララウンジ内キッズスペース

こんにちははぴこです!
ディズニーシーの専用ラウンジが使用できるサファイヤステータス保持中に
2回ディズニー旅行に行き、ラウンジを堪能しました。

東京ディズニーシーのJAL専用ラウンジが快適♪

2017.07.13

関西住みであるはぴこ家が、ディズニーに行くときは
基本的に車で移動することが多いのですが、
e-JALポイントが半端に残っていたため、1回だけ飛行機を使っていきました。
羽田空港~TDRは結構近いんですね。

しかし、近いと思って空港からTDR行のバスを予約していなかったため
バスがすでに満席だらけで、タクシーを使うことに。
近いといっても高速使うため、タクシー料金1万円かかりました・・・
皆さん、行きのバスは必ず予約しておきましょう。痛い目にあいます・・・



話を戻して。

伊丹空港と羽田空港では、JGC会員の特典を活用してサクララウンジを利用しました。
伊丹空港と違って、羽田空港のサクララウンジにはキッズスペースがあり
大人スペースと隔てられていて、とても快適に過ごせました。

今日は、羽田空港国内線サクララウンジ内のキッズスペースを紹介したいと思います。

私がJGC主婦になった理由(わけ)

2017.07.12

 



 

羽田空港国内線サクララウンジは大人の雰囲気

JGC専用保安検査場を通過して、サクララウンジに入ると
写真のようにとってもおしゃれな階段が出迎えてくれます。

もう、この時点で羽田のサクララウンジの高級感がすごいですね。

残念ながらベビーカーを押していたので、
エスカレータ左にあるエレベータを利用して上にあがりました。

伊丹空港ではこんな風に階段などはなく、受付を済ませるとすぐ中に入れます。
伊丹の国内線のサクララウンジは少々こじんまりしてますね。

 

キッズスペースはドリンクバーの横にある専用のお部屋

キッズスペースは、ラウンジ内の奥のほう、ドリンクカウンターの横に
「こどもラウンジ」という名前でありました。
こども専用のラウンジってなんだか響きがいいですよね。

大人スペースとこんな風に扉できちんと仕切られているため
独立したお部屋として過ごすことができます。
ちなみにこの日はかわいいよちよち歩きの先客がいらっしゃいました。

大人スペースと区切られているため、自由に動き回れるのがよかったです。

 

こどもラウンジ内には絵本・クッションスペースあり

ラウンジ内には、DVDが見れるモニターと絵本棚がありました。
兄くんの好きな「もこもこもこ」や「ぐりとぐら」など
有名どころの絵本が置いてあるので、いつもの慣れ親しんだ絵本を楽しめます。

上のモニターは、スタッフさんにお願いするとDVDを流してくれます。

はじめは、CM的な映像が繰り返し流れていたのですが
途中でスタッフさんが中に来てくれて、
子供たちの好みを聞きつつDVDを選んでかけてくれました。
この日はディズニー帰りだったということで、ディズニーのDVDを選んでくれました。

また本棚の後ろには広いクッションスペースがあります。

ここなら、はいはい時期の赤ちゃんでも自由に動き回れますし、
子供たちが少々暴れても大丈夫です。

今回は、先客のよちよち歩きちゃんと兄くんが
この周りをぐるぐると回って一緒に遊んでいました。

先に、よちよち歩きちゃんが搭乗時間となり、お別れとなってしまい
短い時間だけど一緒に遊べて、兄くんも非常に満足そうでした。
こども達だけのスペースという点が、子供たちにとっても良いんでしょうね。

 

窓の外には飛行機が

こどもラウンジ内にももちろん、テーブルと椅子が設置してあり
こんな風に窓の外に飛行機を眺めながら、お茶することができます。
(兄くん、乗ってはいけないところに乗ってます。。すみません)

はぴこは飛行機大好きなので、この景色を眺めつつのんびりできるのは非常にうれしい!
子供も、「飛行機だ!!」とテンション上がって眺めてくれていました。
ラウンジのすぐ横に、ドリンクカウンターがあるので、
交代でドリンクを取りに行き、子供らの様子を見つつ
大人は飛行機を見ながらまったり過ごせるので、とても快適でした。

 

こういうスペース、伊丹空港や関西空港にないのが非常に残念です。
関西住みなので、やはり一番利用するのは上記の空港です。

まぁ、はぴこの実家がある地方空港には、ラウンジ自体存在しないので、
サクララウンジがあるだけでも、ありがたいのかもしれませんが。

関西国際空港のサクララウンジは、前回(2014年)行った時から
リニューアルされているようなので、9月の渡ハ時に利用するのが楽しみです。
利用した時のラウンジの様子もブログに書きたいと思います。

 

しかし、やはり羽田空港のサクララウンジは快適ですね。
主要空港だけあって力が入っているのがひしひしと感じられました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です