子連れ国内旅行

湯快リゾート白浜彩朝楽はベビーフレンドリーな温泉でした

こんにちは!はぴこ(@HappyTravelerwK)です。
ハワイ関連のお話が続いていたので、今日は国内のおすすめホテルのご紹介です。

はぴおさんは、日常に疲れてくると
「温泉に行きたい・・・」が口癖になります。
温泉に入って、のんびり癒されたくなるようです。

子供がいると、ゆっくりのんびりとは程遠い生活なので
そりゃ温泉につかってのんびりして、上げ膳据え膳でおいしいもの食べたいですよね。

昔と違って最近は、ベビーフレンドリーを看板に掲げているホテルなども多く
子連れ温泉旅行のハードルも非常に低くなってきています。

特に、先日行った白浜温泉の湯快リゾート白浜彩朝楽さんが
非常にベビーフレンドリーなホテルだったので、今回ご紹介したいと思います。



 

愉快リゾートプレミアムである白浜彩朝楽

「おんせん♪ななせん♪はっぴゃくえん♪」

といういやに耳に残るCMで有名な湯快リゾート。
北陸~東海から西を中心に、日本の温泉を身近にするをコンセプトに展開しています。
リーズナブルで分かりやすい料金提示で、非常に人気となっています。

その中で、通常の湯快リゾートよりワンランク上のレジャーリゾートとなるのが
2016年12月にオープンした、湯快リゾートプレミアムの白浜彩朝楽になります。
少しお値段も上がりますが、その分食事などが豪華になるようです。

通常の湯快リゾートのホテルには行ったことがないので
どの辺がプレミアムになったのか、という点は比較できませんが
子供連れで利用した施設としての満足度は非常に高く、とても楽しめました。

 

ロビーに大型キッズパークが完備

ロビー横に、こんなに広いキッズパークがありました。
もう、これを見た兄くんは一瞬にしてテンションMAXに。
チェックイン時間よりも早めに到着したので、お部屋へ入ることは出来ませんでしたが
このボールプールのおかげで、退屈することなく遊んでくれていました。

というか、このボールプールが気に入りすぎて、
お部屋に入った後も、何度も遊びに行くと言い、
食事の時間になっても、なかなか戻ろうとせず、
なだめて連れてくるのに一苦労するほど。
それくらい、楽しく時間を過ごすことができました。

トランポリンや、ターザンロープもあるので、
小学生くらいのお子さんも楽しめる施設だと思います。

また、1~2歳用に小さな滑り台とジムもあったので、
小さいお子さんも楽しめると思います。

 

お食事処横にもキッズスペース

食事は時間が決まっていて、バイキング形式になります。
席は特に決まっておらず、到着順に好きなテーブルを選ぶ形になりますが
やはり、小さな子供連れの方は、キッズスペースのそばの席を陣取っていました。

写真では、早い時間に行ったので、兄くん一人しかいないように見えますが
この後どんどん食事に飽きた子供たちがやってきて
思い思いにこのスペースで遊んでいました。

パパママ達は、キッズスペースの横で様子を見つつ食事ができるので
ゆっくりと思う存分食事ができてよかったです。

 

キッズ向けの食事、離乳食も一応あり

食事は、プレミアムにふさわしく、非常に充実していました。
紀州原産の食材が多く、熊野牛のステーキやローストビーフもあります。
ウナギのかば焼きも、目の前で焼いてくれてふっくらとても美味しかったです。
マグロの解体ショーもあり、お客を楽しませる工夫もたくさんです。

朝は紀州産の南高梅を使ったおにぎりをその場で握ってくれて
その梅がおいしかったので、思わず帰りに売店で購入したほどです。

子供向けは、キッズコーナーがありましたが、内容はそんなに多くありませんでした。
離乳食も、準備がありますとのことだったので、見たのですが
だいたい7か月以上の月齢からのキューピーの離乳食が置いてあるくらいでした。

HPには、離乳食の用意があるため、持ち込みは不可と記載がありましたが、
直接湯快リゾートに問い合わせたところ、
置いてある離乳食の数も少ないため、持ってきて頂いて大丈夫です!とのことでした。
むしろ、ぜひ持ってきてあげてください、という雰囲気。

実際、弟くんの月齢的に、まだ進めていない食材が使われているものしかなかったので
持参しておいてよかったと思います。

 

大浴場が子連れに至れり尽くせり

子連れの温泉旅行で、一番苦労するのがメインのお風呂でのことですよね。
一人で座れない赤ちゃん連れだと、常に抱っこしていないといけないし、
よちよち歩きの子供連れだと、大浴場の床で滑って転んで大惨事になりかねません。
なので、子連れ旅行だとお部屋にお風呂がついている部屋や
貸し切りの家族風呂を利用することが多くなりますよね。

もちろん、白浜彩朝楽にも温泉風呂付のお部屋や、貸し切り風呂もありますが
普通に大浴場利用でも、特に問題ありませんでした。
なぜかというと、大浴場自体が非常にベビーフレンドリーだったんです。

  • 大浴場の床が畳張りで、滑らず冷たくない。
  • 子供用のお風呂椅子はもちろん、腰の据わらない赤ちゃん用のいすも完備
  • もちろん脱衣所にベビーベッドとゴミ箱も完備

これだけ揃っていたら、赤ちゃん連れでお風呂に入るのも怖くないですよね。
特に畳の床は、あたりが柔らかく、もし転んだとしても大丈夫そうでした。
お風呂の子供向けの設備が充実しているから子供連れに強くおすすめです。

さいごにお部屋について

お部屋は、今回特に何も考えず一番安い金額のお部屋を選んでいました。
お部屋の場所自体は、ロビー・お風呂・食事処のどこにも近くてよかったのですが
残念ながら、景観が完全なる壁ビューでした。

写真では白飛びしてるだけに見えますが、
実際目で見た通り、窓の向こうは真っ白な壁になっています。
景観を気にされるなら、少しランクアップしたお部屋を予約されたほうが良いと思います。

はぴこ達は、そのほかが満足してたので景観は特に気になりませんでした。
お部屋も広く清潔でしたし、トイレもきれいにリノベーションされていましたし。
まぁ、でも入ってすぐの第一印象は窓の外の景観になるので、少々残念ですけどね。

お布団も入室当初から、予め敷いてあったりと効率化が垣間見えますが
弟くんをお昼寝させたりするのに便利だったので、問題ありませんでした。
お布団自体もふかふかで寝やすかったです。
強いて言うならば、敷布団の下のマットを含めると少し高さがあるので、
寝相の悪い子供たちが落ちて大変だったくらいですね。

 

そんな感じで、お部屋の景観以外は非常に満足度の高いホテルでした。
白浜温泉の泉質は、非常に柔らかく、はぴこは大好きな泉質です。
ここ数年、白浜+アドベンチャーワールドという組み合わせの旅行が定番化しているので
次回来るときも、また白浜彩朝楽を利用したいなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください